疾患情報 頭痛

頭痛

頭痛はなったことがない人は恐らくいないんじゃないか、というごくありふれた症状です。
しかし、その程度や痛む場所、原因は実にさまざまです。
脳出血など注意を要する症候性頭痛があります。

 

気になる方は一度医療機関で診察を受けることをお薦めしますが、それらを除外した全体の90数%以上を占める
慢性の機能性頭痛はWHO(世界保健機構)が認める鍼灸の適応疾患に入っております。
このページではそんな頭痛の特徴や分類と鍼灸施術について解説いたします。

 

頭痛の分類
鍼灸適応の頭痛
日常の頭痛の90数%以上は特に大きな心配のいらない機能性のもので、
血管性頭痛(片頭痛)と緊張型頭痛、2つが合併した混合性頭痛です。
数は少ないですが、群発頭痛という激痛のある血管性頭痛の一種もあります。

片頭痛
血管性頭痛の大部分は片頭痛です。
頭蓋骨の外側にある血管の拡張により頭痛が生じます。

 

脳から伝えられた何らかの刺激が血管周囲にある三叉神経(顔面から頭部にかけて分布する知覚神経)を刺激します。
三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつサブスタンスPなどのさまざまな神経伝達物質が分泌されます。
すると血管が広がって周囲に炎症が起こり頭痛として感じられます。

 

ズキンズキンと心臓の拍動と一致して感じ、多くは片側が痛みます。
両側が痛いこともありますが、大抵はどちらか一方の方が強く痛みます。

 

片頭痛は遺伝的要素が強く、比較的若い女性に多いといわれています。

 

女性が多いのはホルモンが影響していると思われます。

 

生理の前後はエストロゲンの分泌が急激に変化して、それがセロトニンに影響を与えるため片頭痛が起こりやすく、
妊娠中はホルモンが安定するので、片頭痛から開放される方が多いようです。

 

アルコールを飲むと血管が拡張され片頭痛が悪化します。
ビタミンE剤も血管拡張作用があるため悪化します。
逆にカフェインには血管収縮作用があるのでコーヒーやお茶を飲むと片頭痛が軽快します。

 

春から夏にかけては気温の上昇につれて、体温も上昇し血管も拡張しますので 
片頭痛が起きやすくなる傾向があります。
風呂で温まると悪化し、頭を冷やすと痛みは軽減します。

 

片頭痛は一般に若い人では頭痛はひどいが回数が少なく、
年を取るとともに拍動性の頭痛は軽くなるけど回数が増える事が多くなります。
さらに年をとると片頭痛は消えていく事が多いそうです。
これは一説では、年を取ると血管が堅くなり血管拡張の度合いが小さくなるからと考えられています。

 

片頭痛は発作的に起こり、1〜3日位でおさまりますが、緊張型頭痛の場合はダラダラと毎日のように続きます。
片頭痛の発作中は、吐き気、嘔吐を伴う事もあります。
頭を動かしたり、せき、くしゃみ等の衝撃によって悪化するケースが多くあります。
痛む側のこめかみ周囲を圧迫すると一時的に頭痛が軽減されたりなくなる場合があります。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)といって視野の一部あるいは全体が眩しくなったり、キラキラするものが見えたり、
大きな星が現れたり、かすんで見えなくなるような視力の異常をきたす前駆症状が10〜20%の人に現れます。

 

緊張型頭痛
以前は筋収縮型頭痛とよばれていた緊張型頭痛は精神的又は肉体的な原因で
頭や頸の筋肉が持続性筋収縮し血行が悪くなり起こります。

 

それが筋肉疲労やコリ、硬結となり緊張型の頭痛になる事があります。
5〜6kgくらいある重い頭を首の周りの筋肉が支えている為、首や肩の筋肉のコリから緊張型頭痛が起きます。

 

根をつめた仕事、細かい仕事、パソコン画面を見続けるような目の疲れ、
ストレス、精神的緊張のある仕事等は緊張型頭痛を起こさせます。

 

ズーンあるいはジワーっとした均一性の痛みが長く続き、頭重感、緊張感、圧迫感もある場合が多いです。
そして多くは首や肩のコリも伴います。
よく言われる表現で、孫悟空の頭の輪の様に頭全体が締め付けられる様な感じがすることがあります。

 

夕方の方が痛みが強くなる傾向にあり、風呂で温まると軽快します。
しかし痛みの為に吐き気を伴ったり、夜中に目を覚ましたりするほど強い症状はありません。
痛む場所は後頭部から項にかけてを中心に両側にある場合が多いです。

 

注意を要する頭痛
脳疾患などの原因疾患がある場合はその原因となる病気の治療を専門の医師の元で治療してください。
例)クモ膜下出血、脳腫瘍、硬膜外血腫、緑内障など。

頭痛 東洋医学

同じ頭痛でも東洋医学では異なった理論を基に分類します。
痛む場所による分類と病因による分類があります。

 

痛む場所による分類
1)少陽頭痛(側頭部頭痛)
(該当する経絡:手少陽三焦経・足少陽胆経)眼痛、耳鳴、難聴なども含みます。
胆は「中正之官、決断出焉」といわれています。
胆経の変調は、おどおどしたり、ため息をつくようになったり、判断が鈍ったりします。
また口苦、両脇のつれ、眩暈、不眠になることもあります。

 

2)太陽頭痛(後頭部頭痛)
(該当する経絡:手太陽小腸経・足太陽膀胱経)頚椎症、寝違いなども含みます。
小腸経の変調は、耳鳴、頬頚部の痛み、目赤腫痛、歯の腫痛などがあります。
膀胱経の変調は、小便不利、口渇、多飲など水液代謝の影響もありますが、
鼻水や鼻血、後頚部・肩背部・腰部・臀部・ふくらはぎなどの痛みを伴うことがあります。

 

3)陽明頭痛(前頭部頭痛)
(該当する経絡:手陽明大腸経・足陽明胃経)緑内障など眼科疾患、鼻炎、上歯痛、顔面神経麻痺などを含みます。
胃経と大腸経は消化器と関係が深いため胃?部痛、消化不良、ゲップ、腹部膨満感、嘔吐、便秘などの症状を伴うことがあります。

 

4)厥陰頭痛(頭頂部頭痛)
(該当する経絡:手厥陰心包経・足厥陰肝経)高血圧による頭痛も含みます。
肝は「開竅於目」とあり、眼との関係が深いので、肝経の変調は目赤腫痛、涙目、見えずらいなど眼科疾患を伴うことがあります。
また、精神科疾患、ストレス、怒りっぽい、抑鬱なども起こります。

 

病因による分類
1)外感性頭痛
自然界の気候の変化が原因となって発病します。
六淫といって風寒暑湿燥火が原因となります。
風邪などの全身症状の1つとして現れるので、鍼灸院に訪れることはあまりないと思います。
しかし、実は風邪も鍼灸で施術できます。

 

@風寒頭痛・・一般感染症状。急に発病し、寒気を伴う風邪によく見られます。

 

A風熱頭痛・・感染後に発熱が顕著。頭が割れるような痛みで熱を伴います。

 

B風湿頭痛・・慢性の感染症の頭痛。しめつけられるように重く痛みます。

 

2)内傷性頭痛
@肝陽亢進型・・腎水不足や精神的ストレス等によって肝気が鬱結し、肝鬱が改善されないと肝火となります。
火は炎上して上にあがる性質ですので頭部の症状が現れます。
肝の陽気が亢進した状態。

 

几帳面で気ぜわしい人がかかりやすいです。
イライラしたり落ち着きがなく怒りやすい。
回転性のめまい、頭頂部膨張痛や片頭痛。
緊張すると増強します。

 

A痰濁型・・痰は肺脾腎の3臓の機能が低下したため水液代謝に障害が起こってできた病理産物です。
痰濁が脾胃に影響を及ぼし運化機能が低下した状態です。

 

体質的に水分の多いタイプの人に多いです。
中年のよく肥えた婦人がかかりやすく、天気の悪いときに悪化しやすいです。

 

冷たい物や、なま物(刺身等)の取りすぎ、油っぽい物や、味の濃厚な物の食べ過ぎ、
お酒の飲み過ぎ等飲食の不摂生が原因になります。
全身が重だるく胃のつかえ、悪心、嘔吐、泥状便などお腹の調子が悪くなります。
前額部頭痛で頭がぼんやりします。

 

B気血両虚型・・病気が長期化して気虚となり、その為に生血機能が低下したり、
失血のため同時に気も脱失したりして起こります。
失血は脾胃虚弱による気血の生化不足や情志抑うつによる陰血の消耗から起こります。

 

頭痛は激しくなく我慢できるレベルですが持続的に痛みますが、疲れると痛みが増します。
胃腸が弱く元気のない人や老人がかかりやすいです。
左右にふらつくようなめまい、動悸がして顔色が悪くなります。

 

C腎虚型・・腎は髄海といわれ、髄が脳を養っています。
そのため腎虚になると脳髄の栄養状態が悪くなります。
頭が空虚な感じで痛み、眩暈、耳鳴が起こります。
老人に多く見られます。

 

D?血型・・?血とは血液の流れが緩やかになって血液が臓腑経絡に停滞した場合や、
経絡から離れた血で本来消散してゆくべきものが消散しなかったり排出しないで停滞すると生じます。

 

病気が慢性化すると経絡の絡に入り血行障害をおこし?血を生じます。
痛む場所は一定して刺すような痛みです。
女性の生理時に起こる頭痛や、頭部外傷の既往歴がある人もこのタイプです。

 

頭痛の鍼灸施術

上記の痛む場所や病因から関係の深い経絡やツボ(経穴)を体の反応を確認しながら施術します。
痛い場所そのものや付近の頭や頸、項などはもちろんのこと、
身体中に張り巡らされている経絡によりお腹や背中、手足にも反応が現れますので、そこも施術ポイントとなります。

 

また、この施術により頭痛以外の随伴症状(もしくは頭痛が全身症状の中の1つの場合もあります)に対しても同時に解消できます。

関連ページ

腰痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
肩こり 首こり
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。肩こり 首こりについて記載してます。
自律神経失調症
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五十肩・肩関節周囲炎
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
膝痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
更年期障害
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
うつ病・抑うつ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
めまい・メニエール病
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
難聴・耳鳴り
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
アレルギー疾患・花粉症
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
帯状疱疹(ヘルペス)後神経痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報