疾患情報

眼精疲労・目が痛い

今の世の中は眼を酷使する環境にあります。
パソコン、スマホ、テレビ、人によってはゲームなど。
読書だってしますし、何かを凝視する時間が非常に長いです。
それに伴い眼精疲労を訴える人は非常に増えています。
また、多くの場合首や肩のこり・痛み、あるいは頭痛を伴う場合が多いです。

 

 

眼精疲労の症状

 

眼精疲労の主な自覚症状
@目の症状
疲れによる充血、かすみや視力の低下、眼球の脹痛、目が乾燥する、目が疲れやすい・・・
A眼以外の症状
眉間が痛い、こめかみが痛い・重い、片頭痛、胃痛や食欲不振・・・

 

Bひどい場合
眼の裏側まで強い痛み、吐き気がする・・・

 

Cさらに進行、長期化
イライラや不安感、抑うつなど、自律神経失調や精神的症状

 

 

眼精疲労の原因

 

目の酷使

 

読書やスマホ、テレビ、ゲーム、パソコンなど長時間凝視することで起こる
眼精疲労で最も多いタイプ

 

 

眼科疾患

 

ドライアイ、緑内障、白内障、網膜症などの眼科疾患で起こる

 

 

調節性障害

 

遠視、近視、老眼、斜視、複視など、焦点を合わせる目の調節作用が低下して起こる

 

 

精神的ストレス

 

慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによるもの

 

 

慢性疾患

 

低血圧、更年期障害などほかの疾患の症状

 

 

 

眼精疲労の鍼灸施術

 

体には全身にツボがあり、目の周りにも多くのツボがあります。
また、眼精疲労のときには後頭部・首・肩も非常にこって不快な状態になっています。
なにかものをしっかり見るとき、体や頭がグラグラ動いているとしっかり見ることができません。
だから首や頭をピタっと止めて見ます。
このとき、筋肉は動かないように緊張しています。
頭の重量は約5〜7kgもあります。
少し前傾した状態の頭をピタリと止めようとすると、重さ以上の力で固定しなくてはいけません。
筋肉は動くよりもと固定するほうが緊張して凝り固まりやすいのです。
このため、後頭部・首・肩のツボに対しても施術します。

 

また、東洋医学的には目は五臓でいうと『肝』と関係が強いとされています。
そして『肝腎同源』といって不足した腎精も補う必要があります。
肝と腎をしっかりさせるためのツボも施術します。

まぶたのケイレン(眼瞼痙攣)

まぶたがピクピクする経験はありませんか?
目のまわりの筋肉が勝手に動き、気持ちが悪いものです。
このように自分の意志と関係なく筋肉が勝手に動くことを不随意運動といいます。
まぶたの筋肉が不随意運動をおこす病気はいくつかあります。
その中でも比較的よくみられる3種類の病気について解説します。

 

 

眼瞼ミオキミア

 

目のまわりには眼輪筋という筋肉があります。
眼輪筋が勝手にピクピクと痙攣する病気が眼瞼ミオキミアです。
下まぶたにおこるのが特徴とされています。通常片側で起こります。
ピクピクするのはだいたい数秒間です。

 

しかし、1日のうちに何度も起きる場合が多いです。
症状が出るとしばらく続くことが多く、数日から数週間続きますが、いつのまにかおさまります。
再発が多く、何度も繰り返す人もいます。
ストレスや過労が原因との説がありますが、原因不明です。

 

現代医学的処置
自然に収まるので、とくに処置の必要はないと考えられています。
精神安定剤など使うこともありますが、さほど良い結果は望めません。
休息や睡眠を取ることが推奨されていますが、実証されていません。

 

 

顔面スパスム(片側顔面痙攣)

 

顔面スパスム には顔面痙攣、片側顔面痙攣などの別名もあります。
最初は左右どちらか片側の眼輪筋がピクピクし、それから同じ側の口元へとピクピクする動きが広がっていきます。
眼瞼ミオキミアより範囲が広く、顔が引きつるような感じになります。
数秒〜数十秒続きます。

 

典型的な症状が出ていれば診断しやすいのですが、軽症だと眼輪筋だけがピクピクするため、眼瞼ミオキミアとよく似ていて見分けにくいことがあります。
顔の表情は目・頬・口のまわりの筋肉によって作られます。
これらの表情筋を動かす命令を伝えるのが顔面神経です。

 

顔面神経は脳から出て耳の後ろあたりを通り、枝分かれして顔全体に分布します。
脳〜耳のあたりでは血管と一緒に並んでいます。
顔面スパスムは動脈硬化などで血管が顔面神経を圧迫するために異常興奮を起こすのが原因でいわれています。

 

現代医学的処置
軽症なら抗けいれん薬の内服、ひどくなればボツリヌス毒素の注射(後述)か手術をします。注射は3ヶ月くらいで元に戻るので、繰り返し定期的に注射しなければなりません。

 

手術は「神経血管減圧術」といって顔面神経を圧迫している血管を離して圧迫を解除する方法で、脳外科で行います。
8〜9割は期待できます。
ただ、聴神経や内耳動脈が走っているところを手術するので、術後難聴になるリスクがあります。

 

 

眼瞼ジストニア

 

ジストニアとは、中枢神経系(脳・脊髄)の障害による不随意で持続的な筋収縮にかかわる運動障害の総称です。
姿勢異常や、全身あるいは身体の一部が捻れたり硬直、痙攣といった症状が起きます。

 

眼瞼ジストニアは、両目の眼輪筋の不随意運動のため、意図せず目を閉じようとする力が働く病気で、重症だと目を開けることができません。
重症だと診断は容易ですが、実際には軽症の人が多く、軽症だと努力して目を開けていることができるので外見上は正常に見えます。

 

しかし患者さんは
「目を開けているとつらい」
「目をつぶっていたほうが楽」
「目が自然に閉じてしまう」
「目が細くなった」
「目を開けるのに指の助けがいる」
などと訴えます。

 

これ以外の特徴的な症状は
・まばたきが多い
・屋内でも屋外でもまぶしく感じる
・目が乾く、目がゴロゴロする
・人込みで人や物にぶつかりやすい
・目が気になって車の運転が怖くてできなくなった

 

また、三環系などの向精神薬や抗不安薬、睡眠導入剤の長期使用が眼瞼痙攣の誘因の一つともされています。
ですので減薬もしくは一時期薬を中断すると、おさまることがあります。

 

現代医学的処置
ボツリヌス毒素の注射が一般的です。
軽症なら飲み薬も使われますが、あまり期待できません。

 

 

ボツリヌス毒素(ボトックス)の注射

 

ボツリヌス毒素は神経が筋肉を動かす指令を遮断し、筋肉の動きを止めます。
この作用を利用して不随意運動が起こらないようにします。

 

個人差があるため投薬量の決定が難しく、量が少ないと良い結果が得られませんし、量が多すぎるとまぶたが下がったりすることがあります。

 

注射は3日くらいで変化が現れ、約2週間で最大となり、3〜4ヶ月でなくなります。
3ヶ月ごとに注射を繰り返します。
保険適用ですが、非常に高価な薬なので経済的に負担が大きいです。

 

 

 

東洋医学的な考え方

 

「顔面抽?(ちゅうちく)」<抽?の意味=痙攣、ひきつる、不随意運動>といい、口角・眼瞼・頬筋が痙攣することで、主に肝の蔵血作用と疏泄機能の低下による場合が多いです。
情緒やストレスとの関連が多く、女性の方が男性よりも多く発症します。

 

手と足の六陽経脈が合わさることにより、「(顔)面は諸陽の会」とも言われ、情緒の影響による気の変動は経絡を通して顔面部に反応が現れます。

 

 

 

鍼灸施術

 

主な原因がストレスによるものは、体の鍼でも手指鍼でも対応できます。
それ以外の場合は、体の鍼よりも手指鍼のほうが期待できます。
眼の相応部位やストレスポイント、肝の募穴などのツボを利用します。

関連ページ

腰痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
肩こり 首こり
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。肩こり 首こりについて記載してます。
自律神経失調症
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五十肩・肩関節周囲炎
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
膝痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
更年期障害
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
うつ病・抑うつ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
めまい・メニエール病
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
難聴・耳鳴り
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
頭痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
アレルギー疾患・花粉症
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
帯状疱疹(ヘルペス)後神経痛
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報