かどた無双房鍼灸院

五臓六腑 肺

五臓の心を君主とすると、肺は君主を助けて政治を行う宰相にあたります。
心の傍らに位置して、心と肺は協調して気血を全身に行き渡らせることにより、
臓腑や器官に気血を配分して生理的な活動を行わせます。
東洋医学における肺のはたらきは以下の通りです。

 

@体をめぐる気と、呼吸を主る
呼吸によって得た酸素が豊富な吸気と、飲食物の消化によりできたエネルギーが合体して、
心肺機能やいろいろな身体機能を動かす宋気というエネルギーを作ります。
これが不足すると、呼吸が浅くなったり、体の動作に力が入らなくなります。

 

A宣発・粛降作用
宣発(せんぱつ)とは、広く発散し、いきわたらせることを意味し、
粛降(しゅくこう)とは、清潔・下降を意味します。
全身の気をめぐらせて汗をかいたり、老廃物を排出して体温調節をします。
肺は最も高い位置にあるため、上から下へ気を流します。
また、肺の清潔な状態を保ちます。
この作用がうまく機能しないと、喘息や咳嗽が出る病気になります。

 

B通調水道作用
体液の流れを調整します。
先ほどの宣発・粛降作用により、汗や尿を排出します。
この作用がうまく機能しないと、汗や尿が出ず、むくみが出たりします。

 

C百脈を朝(あつ)める
朝には集合という意味があります。
全身の経脈は肺に集まります。
ドラマなどで、医者が患者の手首に指を添えて脈拍をチェックしているのを
ご覧になったことがあると思いますが、あそこは肺の経絡が通るところであり、
全身の状態を知ることができる場所なのです。

肺の五行との関係

肺は金であることは前回すでに紹介しています。

 

五官といって、顔にある感覚器は五臓とつながっています。
肺の官は「鼻」です。
そして、鼻と喉はつながっています。鼻と喉は呼吸の出入り口です。
このため嗅覚や発声も肺が関わります。
肺が障害されると、鼻づまり、鼻汁、くしゃみがでます。
また、喉が痛くなったり、声がかすれたりします。
春は花粉症で苦しんでいる方が多いですね。
花粉症は自己免疫疾患ですので、小腸など他の臓腑も関与してきますが、
肺をしっかりさせると、症状がやわらいだり、おさまったりします。

 

五液といって、五臓の働きに影響を受ける体液があります。
肺の液は鼻水(涕テイ)です。
これは当然ですよね。

 

五主といって五臓から栄養される器官があります。
肺は皮毛です。
皮毛とは全身の皮膚と体毛のことです。
体の外側を守る働きを持っています。もちろん、鼻毛もそうでよね。
そして汗をかいて体温調節したり、ほどよく皮脂が出て皮膚の乾燥を防ぎます。
東洋医学では体内に外邪が侵入しないための最前線基地として皮毛をとらえています。

 

五華といって五臓が弱った時に反応が出やすい場所があります。
肺は毛です。
この毛は先ほどの皮毛と同様、体毛だったり、鼻毛だったりです。
ちなみに頭髪は前回とりあげた腎でしたよね。

 

五志といって五臓と最も関係の深い感情があります。
肺は憂・悲です。
憂とは、心配してふさぎこむ。物思いに沈む。
悲とは、かなしい。胸がさけるようにせつない。
憂と悲の感情が強く出ると、肺が障害され、
肺が弱ると、憂や悲という感情が出てきます。

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報