かどた無双房鍼灸院

五臓六腑 腎と腎臓

「かんじんかなめ」という言葉があります。
これは漢字で書くと、「肝心要」あるいは「肝腎要」です。
いずれも意味は、「特に大切である・こと(さま)」(スーパー大辞林より)を表します。
肝臓と心臓、肝臓と腎臓は、人体にとってきわめて重要な部位であることが、
語源となっています。

 

東洋医学における腎のはたらきは以下の通りです。
@精気、つまり体のエネルギーを蓄える
精気には父母から受け継いだ生まれ持っての遺伝的なものと、
生まれてから飲食などで得られるものと2種類あります。
これらの精気により生理活動を行います。
このため生長、発育、生殖に関係します。

 

A命門の火を持つ
腎は五行では水の性質を持っています。
火の性質のある心と上下で交流しています。
その一方で腎の中でも陰陽があり、水と火が存在しています。
あらゆる臓腑・組織を潤し、養うのが腎陰で、
あらゆる臓腑・組織を温め活性化させるのが腎陽で、これを命門の火といいます。

 

B水液代謝の調整
体内にはいろんな形で水分が存在しています。
これらを貯蔵したり、排泄したりするには多くの臓腑が働きますが、
腎が中心的な役割を担っています。

 

C納気作用
呼吸全体は肺の仕事ですが、吸うのには腎の働きも必要です。
腹式呼吸では、臍の下の丹田を意識して呼吸するようにしますが、
それは腎の働きを意識することだったのです。
これによりしっかり呼吸ができて人は活動できるのです。
これ以外にも、脳と骨髄も腎によって養われていますし、
生殖器と肛門も腎によってコントロールされています。

腎と五行との関係

腎は五行で水であることは前回すでに紹介しています。

 

五官といって、顔にある感覚器は五臓とつながっています。
腎の官は「耳」です。
このため腎のエネルギーが不足してくると、耳鳴り・難聴になります。
老人になると、耳が遠くなるのは腎に力強さがなくなるからです。

 

五液といって、体液は五臓のいずれかと関係があります。
腎の液は「唾(ツバ)」です。
口の中から分泌されるものですが、唾と涎(ヨダレ)は別物として考えています。
唾は比較的ネットリしたもので、涎はネバリのないものです。
唾を吐かずに飲み込むと、腎のエネルギーを養うことができます。

 

五主といって五臓から栄養される器官があります。
腎は骨です。
そして骨の中の髄は腎から生じて、髄によって骨は養われています。
腎のエネルギーが充実していると、骨格がしっかりします。
不足していると、子供であれば発育不良、
老人であれば骨粗しょう症や、足が萎えて歩けない、
腰がだるくて痛むなどの症状に悩まされます。
また、歯は骨の余として腎のエネルギーに関係します。

 

五華といって五臓が弱った時に反応が出やすい場所があります。
腎は髪です。
腎のエネルギーがしっかりしていれば黒くて艶のあるしっかりした髪が生えます。
弱くなると、白髪になったり、抜けたりします。

 

五志といって五臓と最も関係の深い感情があります。
腎は恐です。
恐とは、物事に対してビクビク、オドオドとおそれおののく精神状態のことを指します。

 

 

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報