かどた無双房鍼灸院

三焦 六番目の腑 

臓腑シリーズ、今回は六腑の三焦です。
三焦ってなに?と思う方が多いと思います。
現代医学には存在しない器官です。
これは東洋医学が独自に考え出した臓腑です。
五臓五腑では体の働きのすべてを説明できなかったのでしょう。
三焦は胴体にある臓腑全体を包むものです。
肌肉の内、臓腑の外にあって躯体を包む膜状のものです。

 

臓にも唯一包むものがありましたよね?
そうです。心包です。
この心包と三焦が表裏の関係にあります。

 

難経では名はあるが形はないと書いてますが、これ以外の多くの古今の賢者は形があるとしています。
ただし、ほかの臓腑とは全く異なる存在です。
あえてこのような臓腑を創造したことから、
これらの臓腑の重要性がうかがえます。

 

三焦とは上焦・中焦・下焦の3つの総称です。

 

上焦:横隔膜より上(胸腔)
中に納まっている臓腑:心・肺

 

中焦:横隔膜より下で臍より上(腹腔上部)
中に納まっている臓腑:脾・胃

 

下焦:臍より下(腹腔下部)
中に納まっている臓腑:肝・腎・小腸・大腸・膀胱・胆

 

三焦のはたらきは、それぞれの臓腑の働きによって
体温調節、血液の循環、エネルギーが作られたり、排泄が行われたりするのを全体のバランスをとって統括することです。
また、体内の水分の移動・運搬の通路にもなっています。
このため三焦の水分を動かす働きが落ちると、
嘔吐や下痢、尿量が減る、むくみなどがおきます。
このように多くの臓腑の働きと連携して内臓から体全体のバランスをとっています。
現代医学的にいうと、自律神経やホルモンの働きも含むようです。
また自己免疫疾患、つまり白血球やリンパの働きにも関与しています。

 

現代のような精密機械やコンピューターがない時代に、解剖や臨床の中で築き上げた古代の臓腑に対する考え方です。
これに加えて陰陽五行論などの理論を組み合わせて苦労して作り上げた結果生み出されたのが今回の三焦と前回の心包です。
やはり東洋医学はおもしろいですね。

閃めく経絡における三焦の捉え方

身体において氣のエネルギーはファシアを流れます。
そしてファシアの空間の通路が三焦経です。
上半身のリンパ系として胆経から続いてます。
リンパはファシアの中に存在するので、三焦家はファシア自体の経絡です。
この経絡にあるツボを用いることは、ファシアの物理的な開閉に影響します。
ファシアはあらゆる場所にあり、
すべてを制御します。
身体を形成します。
氣の通路を開きます。
すべてを秩序の下に保ちます。

 

三焦経はファシアの経路です。

ニューズウィークの記事

ニューズウィーク誌に以下のような記事が掲載されました。
少し長いですが引用します。
〜引用ここから〜
米ニューヨーク大学医学部を中心とする研究プロジェクトは、2018年3月27日、科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で研究論文を発表。
「皮膚の下にあり、消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたものであることがわかった」とし、「これを間質という新たな器官として定義すべき」と世界で初めて提唱した。
体重のおよそ20%に相当する体液で満たされた間質は、強度の高いコラーゲンと柔軟性のあるエラスチンという2種類のタンパク質による網目構造で支えられており、臓器や筋肉、血管が日常的に機能するように組織を守る“衝撃緩衝材”のような役割を担っている。
また、注目すべき点として、体液の移動通路としての働きがある。この体液がリンパ系に流れ込むことで、いわば、免疫機能を支えるリンパの元となっているのだ。従来、顕微鏡での解析では、固定により生化学反応を停止させた組織が使われてきたため、間質そのものを観察することができなかった。固定によって、体液が流れ出て、体液で満たされていた区画を囲むタンパク質の網目構造が平たくつぶれてしまっていたからだ。
そこで、この研究成果に大きく寄与したのが、生きた組織を顕微鏡レベルで観察できる高性能なプロープ型共焦点レーザー顕微鏡(pCLE)だ。研究論文の共著者でもあるデビッド・カーロック博士は、2015年秋、この新しい技術を用い、患者の胆管でがんの転移を調べていたところ、胆管の内面を覆う粘膜下組織レベルにおいて、これまでの解剖学とは合致しない、相互に連結する空洞を偶然見つけた。
〜引用ここまで〜

 

これは東洋医学を学ぶものであればすぐにピンと来る内容です。
だからあえて引用までしてこの話題を取り上げました。

 

これはまさに五臓六腑の三焦にあたるものに一致します。

 

三焦とは、五臓六腑の腑の一つです。

 

五臓は肝、心、脾、肺、腎
六腑は胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦
心包を臓に加えて六臓とします。

 

肝と胆
心と小腸
脾と胃
肺と大腸
腎と膀胱
心包と三焦

 

これらの六組はそれぞれ表裏の関係にあり、機能的に密接なつながりがあります。
肝、胆、心、小腸、脾、胃、肺、大腸、腎、膀胱は現代医学にもあるように実体がある臓腑です。
心包と三焦は難経という書物には「名はあって形はない」と書かれています。
心包のことは今回のテーマではないので取り敢えず置いときます。
三焦については異なる解釈が存在します。
明代に黄帝内経の解説書である類経を書いた張景岳は、
・その内側に着いた一層は色がもっとも赤く、形は六合の諸陽をすべて守るがごとくあるもの
・腔腹の周囲上下における全体で形状が大きな袋のようなもの
・肌肉の内、臓腑の外にあり、一腔の大きな腑である
黄帝内経に書かれている内容から三焦は上記のようなものである、と主張しています。
そしてこれがまさに今回のニュースにある人体最大の臓器と一致するのでは?
と、一部の鍼灸師はピンときたわけです。

 

再度引用した文を載せますが
「皮膚の下にあり、消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたものであることがわかった」とし、「これを間質という新たな器官として定義すべき」と世界で初めて提唱した。
これはまさに三焦のことを指しているように思えたからです。

 

 

今回の論文発表で「間質」のはたらきは以下のように書いてます。

 

〜ここから引用〜
体重のおよそ20%に相当する体液で満たされた間質は、強度の高いコラーゲンと柔軟性のあるエラスチンという2種類のタンパク質による網目構造で支えられており、臓器や筋肉、血管が日常的に機能するように組織を守る“衝撃緩衝材”のような役割を担っている。
また、注目すべき点として、体液の移動通路としての働きがある。この体液がリンパ系に流れ込むことで、いわば、免疫機能を支えるリンパの元となっているのだ。
〜引用ここまで〜

 

このように2つの機能について書いてます。
・組織を守る衝撃緩衝材
・体液の移動通路。免疫機能を支えるリンパの元
三焦は2つめの機能と一致点があるように思われます。

 

東洋医学の教科書などで三焦のことを調べてみると、
・諸気の管理
・水道を通行させる
とあります。

 

・諸気の管理
人の根本的な気(エネルギー)である元気を全身に運びます。
そして宗気、営気、衛気を通じさせて五臓六腑へ送り込みます。
これにより全身を栄養したり調和させることができます。

 

・水道を通行させる
水液代謝をおこなうことを意味します。
五臓六腑は血液、リンパ液、間質液、
および飲食物を消化吸収する過程で分泌する物質や変化していく内容物
などを含みます。
これらを五臓六腑が協調して運搬したり循環させることで
必要な栄養を得たり、不要なものを排出したり、免疫機能として異物から体を守ったりします。

 

上記の気の管理と水道の通行は互いに協調して働きます。
三焦が五臓六腑全体を覆うように存在することによってこれらのはたらきを実現しています。

 

まさにここの部分が「間質」と三焦が一致するところです。
逆に研究者は三焦のことを知っていて人体をくまなく調べたのではないか、と思えるほどの一致ぶりです。

 

東洋医学は現代医学と科学技術の進歩によって、その高度さや正しさが新たに解明されるのでないか、と期待してます。

 

三焦は物理的に存在するのか?

日本の難経研究の大家である本間祥白先生の解説を抜粋・要約します。
三焦について本間先生は『三十一難』『三十八難』から推論して
三焦を消化吸収の系統と見ています。
「脾胃大腸小腸も含まれた総合的なものであるから
孤立した一臓腑としては存在していない。
心包も心臓の組織の一部として存在し独立していない所に共通点があり、
名有って形なしとは、このことを指す」と述べています。
ここまでが難経および難経を解説した本間先生の書物から引用したものです。

 

 

心包と三焦について、張景岳が黄帝内経を根拠に解説しています。
三焦は
『霊枢本輸篇』「三焦は中?の府、水道を出して膀胱に属し孤の府である」
『本蔵篇』「密理厚皮なるは三焦膀胱が厚く、?理薄皮なるは三焦膀胱が薄い」
『論勇篇』「勇士は目が深くて固く長衡で直揚し三焦の理が横、
怯者は目が大きくしまりがなく陰陽が相失しその焦理は縦」
『決気篇』「上焦は開発して五穀の味をひろげ、膚を薫じ身を満ち毛をうるおすこと
霧露のそそぐがごとく、これを気という。
中焦は気を受け汁を取り変化して赤く、これを血という」
『営衛生会篇』「営は中焦から出て、衛は下焦から出る」
「上焦は胃の上口から出て咽に並んであがり、膈を貫き胸中にひろがる。
中焦もまた胃中に並び上焦の後ろに出て、糟粕をしみ津液を蒸し精微にかえて血をつくる、
もって生身をうけるからひとり経隧をめぐることができる、なづけて営気という。
下焦は回腸で分かれ膀胱に注いで滲入する。水穀は胃中にあり糟粕となり大腸にくだって下焦となる」
「上焦は霧のごとく、中焦は?のごとく、下焦は?のごとし」

 

『素問五臓別論』「胃・大腸・小腸・三焦・膀胱の5つは天気の所生であり、
その気は天にかたちどる、だから出すけどもたくわえない」
『六節蔵象論』「脾・胃・大腸・小腸・三焦・膀胱は倉廩の本、営の居である」

 

 

張景岳は下記のような疑問を呈しています。
難経では無形とありますが、どこから水道が出るのか?
どこから厚い薄い、緩急、直結の分類があるのか?
なぜ縦や横という理があるか?
どこから霧のごとく、中焦は?のごとく、下焦は?のごとし、あるいは気や血の分類ができるのか?

 

難経は黄帝内経の難しい説を解説するもののはずですが、
黄帝内経では名状が詳しく書かれているのに、難経では無形としています。
難経の<無>に従いますか?黄帝内経の<有>に従いますか?

 

三焦については黄帝内経に記述されている内容からのみわかるでしょう。
三は、三才にかたちどり、上の際と下の際ということ。
焦とは、火類をかたちどり、色の赤いのは陽に属します。
人体で外側の皮毛から内側の臓腑まで、大きくても小さくても名のないものはありません。

 

腔腹の周囲上下における全体で形状が大きな袋のようなものははたして何でしょうか?
また、その内側に着いた一層は色がもっとも赤く、形は六合の諸陽をすべて守るがごとく、これが三焦でなくてなんでしょうか?

 

『五?津液別論』「三焦は気を出して肌肉を温め皮膚を充たす」とあるように、
あきらかに<肌肉の内、臓腑の外>を指して三焦といってます。
『背?篇』「肺?穴は三焦の間にあり、心?穴は五焦の間にあり、膈?穴は七焦間にあり、肝?穴は九焦の間にあり、脾?穴は十一焦の間にあり、腎?穴は十四焦の間にある」と、
なんと躯体を<焦>と称しているではないですか!

 

『霊枢経脈篇』「心主手厥陰の脈は心包絡に出属し、膈を下り三焦を歴絡し、手少陽の脈は心包を散絡し心主に合する」
『素問血気形志篇』「手少陽と心主は表裏である」
このように内経にあり、もとより明らかなので弁じる必要はありません。

 

張景岳は以上のような考えで三焦、心包は形があり表裏の関係にあることを解説しています。

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胆
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 小腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報