かどた無双房鍼灸院

胃は六腑のうちの一つで、五臓の脾と表裏関係にあります。

 

胃のおもな働きは飲食物の消化です。
塩酸や消化酵素を含む胃液と蠕動運動で口から入ってきた飲食物を消化します。消化が済むと幽門を通って十二指腸にすすみ、胃の消化活動は抑制されます。

 

東洋医学的には、
消化して得られた栄養分は表裏の関係にある脾のはたらきにより、小腸で吸収して全身に配られます。
胃と脾が現代医学における消化吸収の中心的役割を果たしています。

 

人が生きていくうえで重要なものに「気」の存在があります。
エネルギーという言葉に置き換えると理解しやすいと思います。
この「気」は2種類あります。
遺伝的なものを「先天の気」といい、
生まれてから飲食物から得るものを「後天の気」といいます。
この2つの気が体を動かす原動力です。
つまり、脾と胃は後天の気を得る重要な役割があるのです。
胃は口から入ってきた飲食物を消化して下にある小腸へと送っていきます。
さらに小腸で不要なものを固形物は大腸へ、液体は膀胱へと運びます。
この下へ下へと運ぶ消化管の働き全体を胃はコントロールしています。
脾は逆に小腸で吸収した栄養分を上にあげて全身に配分します。

 

胃と脾は、三焦で言うと、真ん中の中焦にあたります。
体の真ん中で胃が下へ、脾が上へと時計回りに回転させて
気や血を全身にめぐらせているのです。

 

胃のはたらきが落ちると、食欲に影響が出たり、お腹がはったりします。
また、ゲップ、悪心、嘔吐、しゃっくりが出たりします。
胃のはたらきに影響を与えるひとつにストレスがあります。
緊張状態が続くと、胃がキリキリ痛んだり、急にトイレに行きたくなったりしますよね。
このため胃の経絡はストレスの施術ポイントとして使われます。

胃〜消化器

閃めく経絡

 

中医学の胃は西洋医学の胃よりもずっと不可欠な臓器です。
胃は食物が腐熟する場所であり、五穀を味わえる場所であり、身体にあるすべての体液が生じる場所です。
中医学における胃は消化管として知られる消化器系全体を表した単語です。
消化管は口から始まり直腸で終わるとても長い管です。その間に腐熟のための装置があります。

 

腐熟の過程の最初は口です。
歯は食物を小さい破片に砕き、消化液との接触面を大きくさせます。
唾液との混合物は飲み込まれ、喉頭で肺を回避して胃へと進みます。
胃はタンクのような働きをし、食物と消化液とを混ぜ合わせ、ドロドロの状態になったらゆっくりと小腸へと放出します。
食物が滞留する場所ではどこでもばい菌の繁殖が問題になります。
健康な人では胃酸を注入して殺菌するため、胃の表面が粘液でコーティングされて酸で胃の内壁が侵食されるのを防いでいます。

 

小腸は腐熟作用の最前線です。
ドロドロになった食物は十二指腸に入った後に膵臓から分泌される消化酵素と混ぜ合わされます。
これらの消化酵素はタンパク質、糖質、脂質を驚くほど強力に分解します。
洗剤のメーカーはこれらの酵素を複製して洗濯洗剤に添加しています。

 

胆嚢もこのタイミングで参加します。
脂肪が小腸に入るとホルモンが分泌され、胆嚢は収縮して胆汁を放出します。
胆汁には様々な働きがありますが、主な用途は脂肪を乳化することです。
乳化すると脂肪は水に溶けるようになり、吸収されるのに十分なほど小さい粒子に分解されます。
洗剤メーカーは同じプロセスを複製して食器の油汚れがよく落ちる液体洗剤を開発しています。

 

食物が曲がりくねった小腸を9mほど進むころには薄いスープのようになっています。
ビタミン、ミナラル、脂質、糖質、タンパク質などの役立つ成分はあらかた吸収されています。
残るのは主に水分と細菌です。

 

細菌は腸の最後の区分である大腸で非常に重要な働きをします。
必須栄養素である2つのビタミンをつくってくれます。
本来ビタミンとは、生命に不可欠な(vital)+アミン(amin)を意味します。
ビタミンの定義からして自身が必要とするビタミンは作れないのを、細菌が代わりに作ってくれています。

 

ビタミンKはドイツの学術誌で最初に報告されました、ドイツ語で凝固性ビタミン Koagulations vitamin と名付けられたためビタミンKの名前で呼ばれています。
ビタミンKを発見したデンマーク人の生化学者で生理学者のカール・ピーター・ヘンリク・ダムはこれが凝血に不可欠であることを知っていました。ビタミンKは肝臓では血液凝固因子の生成に関わっています。

 

患者の血液を固まらないようにする薬剤の1つにワルファリンがあります。
ワルファリンは血液凝固因子の生成を止めます。
腸にいる特定の細菌がビタミンKを作ります。
ワルファリンで治療中の人が抗生物質を服用する場合、注意が必要です。
なぜなら抗生物質は有益な細菌を殺し、ビタミンK生成を阻害するからです。
その結果ワルファリンがより強力に作用して、出血しやすくなってしまうからです。

 

腸ではビオチン(ビタミンB7)も細菌によって作られるます。
ちなみにビタミンKもビオチンも細菌によって作られますが、それだけでは足りないため、飲食物などで摂取する必要があります。
腸における腐熟のプロセスが終わった際の糞便の乾燥重量の3分の1は細菌です。
細菌にはビタミンを作ってもらうだけでなく、食物を分解し、有害な微生物が増えるのを抑制してもらっています。
大腸の主な役割はホルモンを作ることのほか、消化管の他の部位で放出された液体の量を調節することです。
小腸からあふれた水分をゆっくり加熱して乾燥させて糞へと腐熟していく場所です。

 

西洋医学の胃はタンクであり、吸収はほとんどしていません。
吸収するよりも多くの液体を酸の形で分泌しています。
胃の内壁は厚く、粘液が覆っており、産生の内容物が胃を侵食しそのまま吸収されないようにできています。

 

小腸の内壁はフラクタル(自己相似)的に構築された無数の絨毛に覆われています。
フラクタルの各レベルでさらに表面積を増やしていくため小腸の吸収能は莫大です。
莫大な広さとなった接触面によって分子レベルで栄養分を吸収します。
大部分の液体は大腸から吸収されます。

 

中医学の胃は体液の源であり、食物の腐熟を制御しています。
このことから中医学の胃は西洋医学の消化管とイコールと言えます。

 

消化管を解剖学的に分類すると6層あります。
そしてこの6つは粘膜と粘膜下組織に3つずつ分類できます。
これは中医学の陰と陽の層に一致します。最も外側から記すと以下の通りです。

 

粘膜:@腹膜(厥陰)。そして陽に移動する。
2.粘膜下組織:
A皮膚のように厚い丈夫な結合組織(太陽)。
B氣と血に富んだ厚い筋肉(陽明)。
Cリンパ排液路(少陽)。そして陰に戻る。
粘膜:
D心臓のように非常に感受性が高い筋肉(少陰)。
E腺(卵黄嚢・太陰)

 

消化管は下界につながる層状の小宇宙であるが、身体の内部に存在します。
その表面では皮膚(太陽)の代わりに腺(太陰)〜腹膜(厥陰)があるのはこれが理由です。
消化管は陰中の陽です。
腹膜は内臓を覆う二重の漿膜(臓側腹膜と壁側腹膜)で、この2つの膜は袋をなし(腹膜腔)、少量の漿液を含みます。

 

消化管全体は、口から始まりお尻で終わる1つのファシア面のようにふるまいます。
身体の下方に向かいながら消化管は太陰(前腎傍腔)と厥陰(腹膜)の間を縫っていきます。

 

食道は太陰にある。
胃は厥陰にある。
十二指腸は太陰にある。
小腸は厥陰にある。
上行結腸は太陰にある。
横行結腸は厥陰にある。
下行結腸は太陰にある。
S状結腸は厥陰にある。
直腸は少陰にある(骨盤にある)。

 

厥陰と太陰の間を実際の消化管が縫っていくことは消化管の経絡が太陰と厥陰の経絡を縫うように進む理由の一部を説明しています。
卵黄嚢は内胚葉由来の細胞の集まりで、最も内側を形成します。
消化管はそれを覆って保護します。
消化管は卵黄嚢が様々な度合いで入り込んでいます。
長い筋肉の管を考えると分かりやすいです。
ある部分では卵黄嚢が大きく入り込んで肝臓、膵臓のような臓器をまるごと形成します。
別の部分では微細に入り込んで胃の盃細胞(酸から腸壁を保護するために粘液を分泌する単細胞腺。腸絨毛に分布する。)のような顕微鏡でしか見えないような組織を形成します。
筋性部分は動き、保護します。腺の部分は潤滑剤をさして消化を行います。
中医学が消化管と認識している腸の部分は筋肉の部分で、消化管の陽の部分です。
腸のこの部分は皮膚が全身を覆うのと同様に卵黄嚢を覆っています。
これが起きると血液と神経を引き込んできます。この構造は障害を通して維持されます。
この付着部は腸間膜と呼ばれ、厥陰のすべての部分を腹腔の背側に固定します。

 

腸間膜は腸の運動を可能にしながら腸を背部に付着させています。
腸間膜は正中に付着しています。
このため腸が腸が腹部のほぼすべてを占めても他の内臓ともつれるようなことはなく、背部前面、後腹壁の中央に位置し続けます。
しかし、胃経は前面の正中線の両側にあります。
口角から始まりすぐにめに枝をのばします。
胃経は陽経にもかかわらず体の前面を通ります。
胃経が消化管とどう関係しているかを理解するには発生学的な折りたたみを理解する必要があります。
顔に関連する折りたたみは複雑で、主に目、口と鼻、耳の3つの場所を中心に回転します。
これら3つの場所は固定ポイントです。固定したまま他のすべてがあちこちに移動します。
内側(卵黄嚢)が外側(羊膜外胚葉)に出会う場所でもあり、顔にある経絡すべてがこれらに引き付けられています。

 

眼:胃経・胆経の経絡が走行(胆経は2本)。膀胱経はここで終わる。
口と鼻:胃経はここから始まり、大腸経は鼻で終わる。
耳:小腸経、三焦経、胆経はここで始まるか、終わる。

 

生物における特異点なので経絡はすべてこれらの場所にひきつけられます。
これらの場所は不変で折り畳みが生じ、内部と外部の氣が出会う場所でもあります。

 

胃経は顔に2本の支脈と主経脈があります。
主経脈は口から顎に沿って頚部に向かいます。
これは口から喉、食道への内部通路を外部に反映しています。
最初の支脈口から眼へと走行します。
2番目の支脈は顎の端から顔の側面、頭部の隅で終わります。
これらの支脈は形をなすにつれて溝を反映します。
これらの溝は顔のプレートと呼ばれるものの間に形成されます。
地殻構造と同じように顔のプレートも組み合わさります。
顔における地殻構造プレートの間の断層線が経絡となっています。
適切に組み合わない顔のプレートの一例が花と口の間に隙間が残る唇裂です。

 

胃経は頚部から離れ鎖骨の中央、ツボでいうと欠盆に移動します。
ここはウィルヒョウリンパ節の場所でもあります。
ウィルヒョウリンパ節は胃がんのリンパ節転移で特有症候を示す部位です。
これは左側のみで表れます。
右側で結節が見つかった場合、多くは食道がん、または肺がんの転移です。
西洋医学ではここにリンパ排液路があるためにがんがここに広がると考え、東洋医学では病理的な氣の流れによるものと考えます。
欠盆から胃経は下行していきます。
乳頭を通過し、腹部へと続きます。
腹部では腹直筋に沿うのではなく、正中寄りを下行します。
乳頭と胃経の関係は密接です。
他の哺乳類は複数乳頭を持つものがありますが、たとえば犬では乳頭が一続きに並びます。この並んだ線が胃経と同じ軌道となり、胸部と腹部の境界線で内側へと移動します。
乳頭は乳児にとって消化管のようにふるまいます。
この消化管は体液の起源であり、穀物を腐熟させて、完璧な食物である母乳を与えます。

 

身体が形成されるにつれて腸は発達し、帯壁は中身を包みます。
消化管の層とつながるファシアの線が出来てきます。
ファシアの間で絞り出される液体はリンパと呼ばれます。
母乳には細胞が入っておらず、脂肪分が高いためリンパに非常に似ています。
実際には胃経は欠盆から脚まで容易に説明できます。
内胸動脈が生み出すファシア面に沿っているのです。
内胸動脈は胃経と同様に肋骨と腹部の接合部を切って内部に入り込み、上腹壁動脈となります。
それから下腹壁動脈につながり、外腸骨動脈と合流します。
これは動脈にとって非常に珍しい現象です。
枝分かれすることなく他の動脈に接続する現象を吻合(ふんごう。Anasatomosis。)といいます。
この吻合により欠盆から脚までのファシアがひとつながりになるのです。

 

ここで重要なのは動脈と胃経はイコールではないことです。
そうではなくて動脈は経絡の目印となるのです。
氣は血の指揮官です。
氣が行くところには血が従います。
氣は血流を導いているのです。
外腸骨動脈は太陰(前腎傍腔)と同じ面に位置しているため、胃経と脾経はつながることになります。
内胸動脈は肋骨の下で内側に切れ込み、完璧に胃経の線をたどっていきます。
胃経と同じく腹直筋の裏側中央に向かって移動します。
脚で胃経は奇妙な動きをします。
脾経と交差します。
これは消化管自体が厥陰と太陰の間で移動を繰り返していることに関係があるのかもしれません。
脾経と胃経が交差するとき、事実上これらの経絡は2つの異なる側面(陰・陽)を持つ1つの経絡となっています。

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胆
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 小腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
三焦
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報