かどた無双房鍼灸院

大腸

大腸は六腑のうちの一つで六臓の肺とは表裏の関係にあります。

 

臓腑の臓は文字通り中身がつまっていてエネルギーを蔵している器官です。
それに対して、腑は中が空洞で、飲食物を受け入れ、消化・吸収・運搬・排泄する器官です。
表裏一体という言葉があります。
これは、
・相反する二つのものが大もとでは一つであること
・また、二つのものの関係が密接で切り離せないこと
を意味します。
蔵と腑も同様で、それぞれ対となる密接な関係のある器官があります。
蔵が裏とすると、腑は表です。
また、陰陽で言うと
臓が陰で、腑が陽です。

 

現代医学的に大腸を見ると、
飲食したものは消化管を通って消化していき、
必要なものを小腸で吸収します。
大腸は水分を多く含んだ吸収されなかったものから水分を吸収して腸内細菌の死骸や内皮の剥がれたものと共に大便を作って肛門から排出します。
大腸で吸収された水分は血管を通って肝臓を経て体内を巡って腎臓で老廃物など不要なものと共に膀胱へ送られて尿として排出します。

 

東洋医学的には、
大腸の働きは口から入った飲食物を小腸で必要なものを吸収し、
不要なもので水分は膀胱へ、固形物は大腸へと運ばれてきます。
そのいわば食べ物のカスをさらに水分を絞りながら下へ下へと送って大便として体外に排出します。

 

大腸と表裏の関係になるのが肺です。
肺と大腸にどんな関係が?と思う方も多いでしょう。
しかし、非常に密接な関係にあるのです。

 

胃の下へとおろす力とともに、肺の粛降作用が関係します。
これも下へとおろす力となり、スムーズな排便に結びつきます。
肺の働きが悪いと、大腸の働きに影響して便秘や下痢になります。

 

また、大腸が順調に働くと、肺もスムーズに呼吸できます。
肺といえば、呼吸器だけでなく、「皮毛」といって皮膚を主っています。
便秘になると肌荒れしたり、吹き出物ができたりしますよね?
このあたりからも肺と大腸が深い関係にあることがわかります。

 

あと、肺と大腸は五行の五色でいうと、「白」です。
肺も大腸も色が白いのです。ちょっとこじつけくさいですが(笑)

 

さらに言うと、肛門を別の単語で表すと「魄門」と言います。
部首に「白」がついてますよね。
そしてこの「魄」は肺に納まっている、人体の機能を支配する力を指します。

 

また、絞りカスを糟粕といいますが、この「粕」は「魄」とも書きます。
東洋医学の勉強をしていると、辞書が必須です。
どんどん関連する言葉が出てきて面白いですよ。

消化管の一部である大腸

閃めく経絡では、胃経を消化管経として取り扱っているため
大腸経に関してはあまり取り上げるような記述がありません。
胃経は胃だけでなく、小腸や大腸も含むものとしています。

 

経絡的にも小腸経と大腸経は腕を走行しているため、
小腸経や大腸経に施術をしても小腸や大腸の症状に使えません。
苦肉の策として下合穴(六合穴)というものを創出しています。

 

これは霊枢・本輸第二に

 

六府皆出足之三陽

 

と述べられています。

 

また、大腸、小腸皆属于胃

 

とも書かれています。

 

小腸経の下合穴は胃経の下巨虚
大腸経の下合穴は胃経の上巨虚

 

胃経のツボを利用しています。
このことからも胃経は消化管全体とつながっていることがわかりますね。

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胆
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 小腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 三焦
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胃
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報