芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院

ビタミンの語源・意味

ビタミンは生命に必要な有機物です。
ビタミンはヒトの体の機能が正常に動くために必須のものですが、一部を除いて体内で作ることができないため、食品やサプリメントから摂取する必要があります。

 

ビタミンを英語で記すと vitamin です。
この単語を分解すると以下のようになります。
・vita ラテン語で「生命」 
・amine アミン。アンモニアからできる化合物。
・-ine 化学物質
「生命活動に必要なアミン」という意味です。
最初にビタミンを発見したのはポーランドの生化学者であるカシミール・フンク氏です。
最初に発見されたのはビタミンB1で、これはアミンの性質を持っていました。
しかし、他にビタミンと呼ぶにふさわしい物質が次々に発見され、アミン以外の化合物も多かったため、
綴りをvitamineから末尾のeを取り除いてvitaminと改められて現在に至っています。

 

 

ビタミンはカロリーがないのでエネルギー源になりませんし、体の組織を構成する要素にもなりません。
また、食事をやめてビタミンだけ摂っても健康にはなれません。

 

ビタミンは体の代謝を活発かつ正常に行わせて体の調子を整えてくれる、微量ですが非常に大事な栄養素です。

 

医学の最先端を行くアメリカでは、1992年に米国国立衛生研究所(NIH)内に代替医療局を開設(現在は国立がんセンターと同格のNIH-CAM[代替・補完医療センター]に昇格)し、ビタミン・ミネラルなどの研究が進んでいます。

ビタミンの種類

ビタミンは多くの種類があります。
かつてはビタミンの化学的構造が分からず適切な化学的名称がつけられなかったため、多くはアルファベット一文字が当てられています。
現在発見されているビタミンは以下のものです。

 

ビタミンA(レチノール、プロビタミンA)

 

ビタミンB群(8種類)
B1(チアミン)
B2(リボフラビン)
B3(ナイアシン:ニコチン酸とニコチン酸アミド)
B5(パントテン酸)
B6(ピリドキシン)
B7(ビオチン)
B9(葉酸)
B12(コバラミン)

 

ビタミンC(アスコルビン酸)

 

ビタミンD(カルシフェロール、ビオステロール、エルゴステロール)

 

ビタミンE(トコフェロール)

 

ビタミンK(フィロキノン、メナキオン、メナジオン)

 

 

これらのビタミンは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類できます。
脂溶性・・・A,D,E,K
水溶性・・・B群、C

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胆
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 小腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 三焦
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胃
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 大腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 膀胱
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報