かどた無双房鍼灸院

糖質のエネルギー代謝と皮膚・粘膜の健康維持

ビタミンB1(チアミン)

・水溶性。このため過剰摂取しても体内に貯蔵されず排泄される。
 そのため毎日補充する必要がある。B2,B6などを同じ量を一緒に摂取するとより良く作用する。

 

・酵素の働きに必須。

 

・病気の時、ストレス下、手術を受けたときに必要量が増す。

 

・精神状態や神経系にプラスに働く。

 

・軽い利尿作用がある。

 

・成長を促進する。

 

・糖質のエネルギー代謝を助ける。いわゆる「スタミナ維持」に役立つ。

 

・筋肉、心臓の機能を正常に保つ。

 

・乗り物酔いを防ぐ。

 

・歯の手術を受けた後の痛みを和らげる。

 

・帯状疱疹の時に摂取すると良い。。

 

・いわゆる「にんにく注射」の主成分。B1以外にB2,B6が入っている。
実はにんにくは入っておらず、ビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルがにんにく臭のすることから、にんにく注射と呼ばれている。

 

・1日の所要量---成人男性1.1mg、成人女性0.8mg。プラス、摂取エネルギー1,000キロカロリーあたり0.35mg。調理すると総量のうち30〜50%は失われる。
アメリカの保健量---25〜300mg

 

・強度の労作や消耗性疾患の時は所要量が増える。進行時の脚気など胃腸が弱っている時には吸収しきれないこともあるので、ビタミンB1誘導体を摂取するとよい(アリナミンAなど)。

 

・欠乏症---脚気(心不全と末梢神経障害をきたす疾患。心不全によって下肢のむくみが起き、神経障害によって下肢のしびれが起きる)、ウェルニッケ脳症、多発性神経炎、神経痛、筋肉痛、関節痛、末梢神経炎、浮腫、心臓肥大、心筋代謝異常

 

・多く含む食品---ビール酵母、肉類、米ぬか、豆類、小麦全粒粉、牛乳、緑黄色野菜、卵黄、ピーナッツ

関連ページ

ブログ移転のお知らせ
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
4月
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心包A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肝A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 心A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
五臓六腑 脾@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 脾A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 肺A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎@
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 腎A
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胆
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 小腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 三焦
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 胃
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 大腸
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
五臓六腑 膀胱
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。
必須栄養素 ビタミン
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです
ビタミンA
芦屋の鍼灸院 かどた無双房鍼灸院の公式HPです。

情報コーナー 施術の種類 疾患情報