web_w740.png

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0797-91-6266

since 2009 Bright ideas,nice design.
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 鍼灸施術

鍼灸施術について

ここでは東洋医学に基づく情報を記します。

「気」とは

東洋医学では体内を気・血・津液が滞りなく循環しバランスを保つのが健康な状態と捉えています。

「気」とは、簡単に言うと体を動かすエネルギーのようなものです。
このエネルギーの中にはガソリンのように物理的なものだけでなく精神や気持ちも含みます。むしろ精神的なものが体に与える影響が多いです。
日本語には「気」という文字が入った単語がたくさんあります。
たとえば、元気、根気、やる気、気分、活気、景気、陽気、陰気、気力、気持ち、空気・・・。
思いつくままにいくつか列挙しましたが精神的なことを表す単語が多いですね。                                                            

「血」は文字通り血液のことです。

「津液」は簡単に言うと体液全般です。                                     

これら気・血・津液が外的要因(気候の変化)、内的要因(感情の変動、飲食、過労など)、あるいは外傷などから体内のバランスが崩れるため病が起こるのです。
鍼灸施術はこの崩れたバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力、自己調整力を引き出すのが目的です。                                                                  

東洋医学では、人体が健康な状態からバランスを崩した時に特定の部位に変化があることに注目しました。
そしてこの特定の部位は体のあちこちに点在し、しかも連続性があったりし、そこを刺激すると体調が改善されることに気づきました。
これらを長い年月と多くの賢人が試行錯誤した結果、特定の部位を腧穴(いわゆるツボ)、連続性のあるものを経絡として定め、施術に使うようになったのです。   

鍼について(全身施術)

鍼のルーツは、先のとがった石片を使って怪我して化膿した場所の膿を出したり、体の痛い場所から出血させたりするものでした。

その後時代とともに、金属製になり、形も工夫され、現在は折れにくいステンレス製の鍼が主流です。最近では衛生面を考慮して使い捨て(ディスポ)鍼を使うのが一般的です。

鍼の太さや長さは、さまざまな施術箇所や方法に対応できるよう多くのバリエーションがあります。

当院では顔に使う細くて短い(直径0.14mm・長さ3cm)から臀部や大腰筋に使う太くて長い鍼(直径0.44mm・長さ12cm)のものまで使用しています。

刺鍼の前に必ず筋膜リリースを行います。
これにより体を鍼が打ちやすい状態にします。
その後、必要に応じてツボや筋肉、筋膜の付着部などに刺鍼を行います。

*高麗手指鍼については、LinkIcon高麗手指鍼のページをご覧ください。     

お灸について

お灸はもぐさを直接体にすえる方法、せんねん灸のように台の上にもぐさが筒状に固められているものを貼り付ける方法など様々です。
旧来のお灸はヤケドをさせるぐらいの刺激が一般的でした。

しかし施術後のヤケドの衛生管理が大変ですし、なによりも痕が残ります。

当院では、手のひらに高麗手指鍼専用のお灸をさせて頂いております。
高麗手指鍼の理論では、手のひらは体でいうとお腹に相応します。
ここには内臓につながる多くのツボが存在します。
お腹に直接お灸をすると皮膚が薄いのでやけどしやすいです。
手のひらは皮膚が厚いためヤケドをしないで済みますし、安全で痕も残りません。

施術の流れ

当院の鍼灸施術の流れは、東洋医学的な診方と機能解剖学的な診方を組み合わせています。                                
東洋医学的な診方に四診があります。
四診とは、
「望診(視覚)」
「聞診(聴覚・嗅覚)」
「問診(情報収集)」
「切診(触覚)」
です。4つとも大事ですが、当院では問診と切診に時間を割きます。

①問診は最初に問診票に記入していただき、それをもとに症状、今までの病歴、体や精神状態、現在の仕事の内容などさまざまな質問させて頂きます。

②切診は首の頸動脈と手首の橈骨動脈を触れて強さや速さなどをチェックする「脈診」と、おなかのツボを押さえて硬さや痛さ、違和感などの感覚をチェックする「腹診」が中心となります。

③症状によって、関節の可動域やどの角度で動かしてどこが痛いかなど機能解剖学的なチェックを行います。

④刺鍼します。刺す場所により横向き・仰向け・うつ伏せになっていただきます。手指鍼は仰向け時に体の鍼と一緒に刺します。

⑥症状によっては、この時に耳ツボに銀粒を貼る場合があります。                                                            

⑦主に冷えや虚弱な状態に対して、手のひらにお灸をする場合があります。


ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ