腰痛

ずっと座ってると腰が痛い
少し前かがみになるとズキっと痛む
体を反らすと腰がつりそうになる
なにもしなくても腰が重くて痛い
慢性腰痛に悩まされ、ぐっすり眠れない・・・
腰痛イメージ.jpg
こんな症状に悩んでいませんか?

一言で腰痛といっても、痛みの種類や状態はさまざまです。

ここでは腰痛の原因、主な疾患名や症状を解説します。

腰痛の原因

・不良姿勢
・激しい運動や労働(過労)
・内臓疾患
・老化
・精神的ストレス

なかでも不良姿勢と精神的ストレスが原因の大部分を占めます。
多くの人は会社に行って仕事をしたり、家で用事をしたりします。
その中で長時間座る状態が続く
長時間パソコン作業やスマホをいじる
長時間車を運転する
こういった状態が続くとしだいに姿勢が乱れて不良姿勢になります。
腰臀部に圧がかかり続けて腰痛を引き起こします。
なにをやってもよくならない場合、精神的ストレスに対処すると一気に良くなることがあります。
整形外科に腰痛で行くと、レントゲンやCTなどの画像診断をします。
しかし、画像診断で病名が分かるものはわずか15%しかありません。
それ以外、つまり85%は原因がよく分からないのです。
原因がわからないとは、少なくとも骨や椎間板に問題はないという意味です。。
人によって程度の違いはありますが、その多くに
不良姿勢や精神的ストレスが関与していると考えられます。

腰痛の分類

「背骨に原因がある腰痛」
「内臓疾患から起こる腰痛」
「その他の腰痛」
に分けることができます。

「背骨に原因がある腰痛」は脊柱とそれを支える筋肉や靭帯などに異常が見られます。
これは先ほどの画像診断で病名の分かる15%に該当するものです。

1)背骨に原因がある腰痛

①腰椎椎間板ヘルニア

症状:腰から足先にかけてしびれや痛み、筋力の低下など。

脊髄神経(神経根)を圧迫するため、ひどい場合は急性の両足筋力の低下、感覚障害、排尿ができなくなる場合もあります。
腰を曲げないと痛みで立っていられないほどの腰痛と下肢の痛みがあります。
前傾姿勢・イスに腰掛けるのが辛く、横になっているのが楽というのが一般的な症状です。

原因:加齢によるもの、背骨に予想以上の力がかかった事が考えられます。
髄核(椎間板の中心部にありクッションの役目がある)が弾力性を失い、繊維輪(髄核を外から包んでいる)に亀裂が生じ髄核が繊維輪を破って飛び出し神経根や精髄を圧迫した結果起こるものです。

椎間板は、年齢とともに(20歳を過ぎ)次第に衰えてくる(水分が減る)為、働き盛りの20~40代の男性の軽作業(事務、運転、セールス、看護、家事など)の人に多く見られます。
現実的にはヘルニアがあっても症状が現れないことが多くあります。
逆にヘルニアがなくてもヘルニアの症状が現れることがあります。
これが腰痛のやっかいなところです。

②腰部脊柱管狭窄症
症状:立って腰がのびた状態で痛みが強くなります 。
腰痛は80%に認められます。
長く歩くと歩けなくなるほど腰から足の裏にかけて痛んだり、しびれたりするというのが一般的な症状です。

間欠性跛行(かんけつせいはこう;一時的に片側の足をひきずるかたちの異常歩行)は50~60%でみられます。

馬尾神経の症状としては両足、お尻、会陰部のしびれ感、灼熱感、足の筋力低下、脱力感、排尿障害、勃起障害なども起こることがあります。

原因:脊髄神経、馬尾神経、神経根への圧迫。
脊柱管の下の方の内径が狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こります。
先天的に狭窄を起こしやすい形態の人で、変形性脊椎症、脊椎すべり症、腰部椎間板ヘルニア、外傷、手術、黄色靭帯の肥厚などが加わることによって起こります。
40代以上の中高年の男性に多いです。
しかし現実的には画像診断で脊柱管狭窄症が疑われても原因がほかにあることはよくあります。

③変形性脊椎症
症状:腰部が重い、だるいなど漠然とした症状を示すことが多いです。
ただし起床時や動作開始時に腰部の痛みやこわばりがあり(スターティングペイン)、動いていると楽になります。

原因:40代ころから始まる椎間板・関節・靭帯の老化変性です。
椎間板の変性から椎体間が狭まり、それにより椎骨に骨棘と呼ばれる出っ張りができて、それが神経を圧迫します。

④骨粗鬆症(脊椎圧迫骨折など)
症状:背中や腰に痛みが現れます。
骨粗鬆症による腰痛はなかなか痛みがとれず脊柱の圧迫骨折が重なると身長が低くなったり背中が丸くなったりします。

原因:加齢とともに骨からカルシウムが抜けて骨量が減り粗いスポンジのようにスカスカな状態になります。
骨がもろくなるので、わずかな外力(たとえば尻もちをつく)でも背骨がつぶれて圧迫骨折します。
高齢の女性に多いです。

⑤脊椎分離症・脊椎すべり症(腰椎すべり症)
症状:脊椎分離症では腰の鈍痛や疲労感がありますが、坐骨神経症状は一般に出ません。
脊椎すべり症を起こすと坐骨神経症状を呈することがあります。
また傷害のある腰椎の棘突起に圧痛が認められ、目視や触診でその場所に陥凹が確認できます。
また腰椎の前湾がきつくなりお尻が後ろへ出っ張ることがしばしばあります。

原因:脊椎分離症とは脊椎骨の上関節突起と下関節突起の間をつなぐ椎弓の峡部という狭い部分で骨性の連続を欠く状態が生じます。
第5腰椎に好発します。

脊椎すべり症は上位椎体が下位椎体に対して前方にすべって移動している状態の総称です。
脊椎分離症に併発することがしばしばあります。

この場合は脊椎分離すべり症といいます。
先天性のものもありますが、多くは発育期の過度の運動による疲労骨折と、その遷延治癒という後天性のものや外傷性のものが多いです。

2)内臓疾患から起こる腰痛

①急性の腰痛
・腹部大動脈瘤
・腎結石、尿管結石
・胆石症
・消化性潰瘍の穿孔
・急性膵炎 
・風邪やインフルエンザ、急性熱性疾患に伴うもの
・膠原病
・リウマチ性疾患
・子宮外妊娠や子宮内膜症などの婦人科疾患 etc.

②慢性に経過する腰痛
・高血圧症や動脈硬化症、糖尿病、痛風 
→ 間接的に影響して運動不足、肥満など、いわゆるメタボが原因の腰痛です。

・胃・十二指腸潰瘍、肝硬変、遊走腎、囊腫腎 etc.
 → 関連痛(刺激部位から離れたところに投影されて感じる痛みです)として出現します。

3)精神的ストレス(心因性)から起こる腰痛

①神経症性腰痛:心気症、転換反応(情緒的葛藤が身体症状に転換したもの)
抑うつ神経症(気分変調症)

②精神病性腰痛:心気妄想(うつ病の症状の1つ。自分の身体の一部が病気にかかっていると思いこむ妄想。)

体感幻覚(セネストパチー。統合失調症の症状の1つ。実在しない知覚情報を体験する症状)

③機能障害による腰痛:自律神経失調症、婦人不定愁訴症候群、更年期障害

4)その他の原因で起こる腰痛

①腰痛症(筋筋膜性腰痛)、ぎっくり腰
症状:原則的には下肢症状を伴わない腰の痛みで、レントゲン上異常がないもの。

急性の場合、たまに腰だけでなくお尻、大腿後面や側面にも疼痛が出ることがあります。

腰痛は運動すると増強し、安静にすると消失します。

急性のなかで、ちょっとした体動で急に発症し、場合によっては激痛のため脂汗が出て歩けなくなるような発作性の腰痛症を俗に「ぎっくり腰」といいます。
ドイツ語では「魔女の一撃」といいます。

原因:いわゆるぎっくり腰の場合、腰椎の椎間関節内への滑膜の陥入と考えられていますが、椎間板ヘルニアの始まりや、筋肉・筋膜・靭帯の微小損傷のこともあります。

長期間の不良姿勢で特定の筋肉に負荷がかかり、一定レベルを越えると腰痛の症状が現れます。
激しい運動や強い負荷がかかることをしていないのに腰痛になるのは、不良姿勢が疑われます。

②神経疾患から起こる腰痛(外傷性脊髄損傷、運動ニューロン疾患 etc.)

③外傷性(捻挫、打撲 etc.) 

5)坐骨神経痛

この名前はよく耳にすると思いますが、疾患名ではなく症状名です。
約80%は腰椎椎間板ヘルニアが原因です。
中高年以降では脊柱管狭窄症が原因になることも多いです。

症状:症状はさまざまで、たとえば重いものを持ち上げたときに突然腰部に強い痛みを覚え、これが大腿、下腿に放散し、痛みのために動けなくなることがあります。

痛みは大腿後面にあり、膝下部を下がって踝から足に放散します。
腰痛、下肢痛が単独または合併して起こります。
多くは日常生活やスポーツで繰り返し使ううちに悪化します。
疼痛は坐骨神経に沿って放散します。

大腰筋刺鍼

腸腰筋1HP.jpg腸腰筋2HP.jpg
腰痛を施術する方法は実に多くあります。
鍼灸はもちろんのこと、あんま、マッサージ、指圧、カイロ、オステ、整体などの手技療法や、シップや飲み薬、ブロック注射などの薬剤、あるいは低周波などの機械を用いるものなどです。

だいたいどの方法でも一定の効果が得られるし、症状によっては1,2回で完全に消失することもあります。

しかし、ときに施術を受けた直後はラクになって喜んでいたけど、2,3日したらまたじわじわ痛みが戻ってきたり、施術を受けても一向によくならない時があります。

こういうときは大腰筋に由来する腰痛であることが疑われます。

大腰筋とは体の深部を通る大きな筋肉で腰から大腿骨を結び、背骨や骨盤を支えて姿勢を維持したり、太ももをあげたりする筋肉です。

ヒトが起きて生活したり歩行したりするときには、他の筋肉と協調しながらですが、常に働いている筋肉です。

つまり慢性的に疲れをためやすい、ということは固く縮こまりやすいのです。

特に慢性的に運動不足の方はこの大腰筋が発達していないので、大腰筋がカチカチに固まっています。
固まると柔軟性がなくなり動きが悪くなり、そうすると血行が悪くなり、ますます状態が悪くなります。

脊柱起立筋など比較的表層にある筋肉と違って深部にある筋肉は「縁の下の力持ち」的な存在で負荷がかかり続けているのです。

鍼以外のほとんどの施術は皮膚の上から触手したり特定の筋肉を運動させたりすることで施術していますが、大腰筋に対しては直接触れることができないので間接的なアプローチのみということになります。

しかし、鍼は違います。

間接的に遠隔からアプローチする施術はもちろん、直接刺鍼することができます。

つまり、鍼は直接大腰筋を触って施術することができる唯一の方法と言えます。

東洋医学には経筋施術というものがあります。
経筋施術とは筋肉が縮んで固くなり、痛みがでている患者を施術する方法です。

大腰筋に直接刺鍼すると、直後はかなり強い刺激を感じます。
しかしある程度の時間を置鍼することにより刺した痛みがなくなるだけでなく、筋肉が緩んできます。
筋肉の静脈血や毛細血管の流れが改善されて筋肉の痛みが消失していくのです。

ただし、こういうしつこい腰痛を起こす筋肉は老廃物や圧痛物質が筋肉内にたっぷり溜まっていますので、血液が流し去るまで少し時間を必要とします。

また、凝り固まっていたものが緩む、という大きな変化を起こすので直後はそれまでの痛みとは違う痛だるさを感じることがあります。

それでも刺鍼後1,2日すると体を動かすのが楽になっていることを実感できると思います。

回を重ねるごとにどんどんラクになっていくことでしょう。
しつこい腰痛にお困りの方はぜひお試しください。

小殿筋刺鍼

小殿筋1.jpg小殿筋2.jpg
腰痛は腰そのものの筋肉や関節、骨に問題があって
起こる場合だけではありません。
むしろ臀部や股関節周囲に問題があることの方が多いです。

原因は不良姿勢です。

特に座るときの姿勢です。
そもそも人の体は長時間座るのに向いてません。
座ると座面には両側の太もも裏側の骨、
骨盤の左右にある座骨結節という骨のでっぱり、
それと骨盤の真ん中後方の仙骨の末端の尾骨、
これらに体重がかかります。
身の多いところより骨の方が固いので安定するからです。

しかし、ずっと座っていると骨と椅子の間に挟まれた身の部分は圧迫されます。
筋膜が貼りついて動きを制限します。
そして血流が阻害されて周囲の筋肉は酸欠・栄養不足状態になります。
酸欠になると体は発痛物質を産生します。
つまり痛くなってくるのです。
神経が圧迫されていたら痺れや麻痺も発生します。
痺れは脚の後ろ側や外側に出ることが多いです。
こうなると座る角度を変えてお尻の位置を変えたりします。
回避するために脚を広げたり、閉じたり、組んでみたりします。
同時に骨盤を前傾にしたり後傾にしたりします。

これらの回避する動きを取っても、長時間座り続ける生活を繰り返すと
あちこちの筋肉に負担がかかって、結果として腰痛を発症します。
臀部は、座っているときに押してみると分かりますが、
重みがかかって硬く張りつめています。
中には骨盤の骨や太ももの骨があり、
幾重にも筋肉があり、それらは筋膜で覆われているので、
重みがかかると圧がかかり続けるからです。

このときに特に大事なのが小殿筋への刺鍼です。
小殿筋は臀部でも最深部にある筋肉です。
働きとしては、股関節の外転、内旋です。
中殿筋の深部にあります。
大殿筋はさらに外側で一部重なっています。
最深部なのでいきなりそこにだけ鍼をしても良い結果は得られません。
表層の筋膜をリリースしたり、鍼をしたりして緊張状態から解放しなくてはいけません。
骨盤は骨が出っ張ったところがあちこちにあるし、
筋肉の起始・停止部が多い所でもあるので、
複数の場所に施術が必要です。
足の痺れ.jpg
特に足に痺れを感じるような腰痛には小殿筋刺鍼は必須です。
腰が痛くて足が痺れる人が整形外科に行くと、脊柱管狭窄症と診断される事があります。
その可能性は否定できませんが、多くの場合はそこまでの人は少なくて
小殿筋に鍼をすると足の痺れも腰痛も感じられなくなることが多いです。
心当たりのある方、ぜひ問診時にお伝えください。

東洋医学的腰痛の分類

黄帝内経では「折腰」、背部痛を伴うものを「折脊」といい、併発するものを「脊痛腰似折」と記されています。
多くは発病が急で表実証(急性)ですが、腎精の虚損(どちらかといえば慢性)のものの多くは裏か虚に現れます。

腰は腎の府といわれています。
そのため腎と腰部または脊椎との関係が深いです。
腎の主な生理機能は精を蔵し(封蔵)、水液代謝を行い、気を納める(納気作用)臓器です。
これらの機能の低下によって腰痛となります。

また、腎は骨を発達させ髄を生じて脳を充たし、耳と二陰に開き、その華は髪にあるとされます。
このことから支柱の保持や老化の防止は腎の影響が強いです。

1)急性タイプ

気血阻滞による腰痛(いわゆる「ぎっくり腰」)
運動の不注意により腰部の経脈、経筋を損傷すると気血阻滞が生じ、急性腰痛が起こります。

症状:挙上時などの不注意により突然起こる、局所の著明な圧痛、筋緊張、運動制限です。

施術方針:経脈の通りを良くし、気血の運行を改善します。
主として足太陽膀胱経の腧穴、阿是穴を取穴し、鍼で瀉法します。

2)慢性タイプ

①風寒湿による腰痛(雨に濡れた衣服を着て、クーラーや扇風機に長時間あたっているような状態)
風寒湿の停滞により腰部の経絡気血の流れが悪くなると起こります。

症状:腰下肢が冷えて痛み、重だるさを伴います。寒冷刺激や気候の変化により増強します。
少し動くと軽減し、静止時間が長いとこわばってきます。

太陽膀胱経型では疼痛は下腿部に放散、
少陽胆経型では下腿外側に放散します。

施術方針:陽気を強めて寒湿の除去をはかり、経脈の通りを良くして気血の運行を改善します。
主として足太陽膀胱経を取穴し、鍼灸を併用します。

②腎虚による腰痛(労倦や老化現象)
腎は腰と関係が強く、膝は肝と関係が強いです。
腎虚になると腰膝のだるさ、無力感、鈍痛が起こります。

症状:全身の虚弱症状が著明で慢性的な腰下肢のだるさ、無力感、鈍痛があります。
疲れると増強し横になると軽減します。

施術方針:腎を補い経絡気血の運行を改善します。
主として足太陽膀胱経と足少陽胆経を取穴し、鍼で補法を施します。
必要に応じ灸を併用します。

③瘀血による腰痛(循環障害)
症状が長引くと瘀血をきたし血液の循環障害のため起こります。
東洋医学では「不通則痛、通則不痛」(気血が通じなければ痛む、気血が通じれば痛まない)という病理原則があります。
腹部や下肢の外傷、手術などは瘀血の原因になりやすいです。
背骨の周囲には非常に多くの毛細血管が分布しております。
ここの流れが滞ると酸欠状態になり痛みを生じます。

症状:刺すような痛みがあり、痛む場所が常に一定しています。軽症の場合は仰向けの姿勢になれません。重症の場合は、腰を回したり寝返りを打ったり出来ません。

施術方針:停滞している気血の流れをスムーズにして痛みを取り除きます。
刺絡や吸玉が有効です。

以上に書いたものは主なもので、これ以外にもいくつもありますし、単独ではなく複数の疾患や症状が併発する場合があります。
痛いときは必ずまず病院で診察を受けて状態を知り、その上で鍼灸を選択肢のひとつとして腰痛対策してください。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ