膝痛

膝痛は整形外科で腰痛に次いで訴えの多い病気で、鍼灸院でも同様に多くの方が施術に訪れます。

膝痛を訴える患者さんでスポーツやお仕事などによる外傷性のものは若い方が多いですが、それ以外のものは中年以上に多く、特に女性で体重の多い方に顕著です。

高齢化社会が進むとともに増加の一途をたどっています。人間の最も基本的な動作である「立つ」「歩く」ことが困難になるこの膝痛の原因、症状、鍼灸施術や予防について解説します。

膝痛の原因

膝関節包.png膝靭帯.png
膝は体重がかかるだけでなく、立ち上がり動作や階段を昇り降りするときなどのように、膝の屈伸時には体重の何倍もの力が膝にかかり、日常生活の動作で常にストレスにさらされています。

そのために変性などの退行性変化をきたしやすく、中年以降、特に女性に多く障害がみられます。
65歳以上で見ると1/3以上の方が膝痛に悩まされています。
中年以降の女性に膝痛が多いのはいろいろな原因がありますが、体重増加や足の筋力の低下などが挙げられます。

膝痛の原因となる疾患分類

1]退行変性疾患
①変形性膝関節症(膝関節OA)
②神経障害性関節症
③突発性骨壊死

2]関節炎(関節滑膜炎)
①慢性関節リウマチ(RA)
②若年性関節リウマチ(急性関節リウマチ)
③リウマチ熱
④結核性膝関節炎
⑤化膿性関節炎
⑥痛風性関節炎
⑦偽痛風
⑧色素性絨毛結節性滑膜炎

3]半月板の障害
①半月板損傷・断裂
②半月板変性
③円板状メニスクス障害(円板状半月)
④半月板囊腫

4]膝蓋骨の障害
①膝蓋軟骨軟化症
②膝蓋骨亜脱臼障害
③習慣性膝蓋骨脱臼

5]滑膜ヒダの障害
①タナ障害(滑膜ヒダ障害)

6]滑液包の障害
①滑液包炎
②ベーカー囊腫(膝窩部囊腫)

7]関節内および周囲軟部組織の障害
①外傷性の靭帯、腱などの損傷(炎症、靭帯断裂など)
②腸脛靭帯摩擦症
③ホッファ病(膝蓋窩脂肪体の損傷による痛みと機能障害)

8]その他
①骨軟骨腫
②離断性骨軟骨炎
③オスグッド-シュラッテル病(骨軟骨炎)
④絞扼性神経障害

膝痛の症状

ここでは鍼灸院でよく施術する膝痛の代表的疾患の症状をあげます。

変形性膝関節症

変形性膝関節症.png
関節軟骨や軟骨下骨組織の荷重によるストレスに対する反応によって、軟骨の変性、亀裂が生じたり骨棘形成、骨硬化(骨増殖)が起こり、炎症症状が少ないものをいいます。

①運動開始時痛:立ち上がり、歩き始めなど、動き始めの痛みです。

②運動痛:階段の昇り降りや長く歩いたり座ったりすると痛みます。

③関節腫脹(関節水腫):関節内および関節内に交通している滑液包内に液が貯留したために関節部が腫れます。
これは関節リウマチなどの関節炎でも見られます。

④運動制限:腫脹、疼痛、拘縮によって運動制限(可動域の減少)がおこり、正坐、和式トイレでのしゃがみ動作などが苦痛でできなくなります。

⑤変形:多くは内反(O脚)になり大腿脛骨関節(FT関節)の障害の程度が大きく、症状も強いです。
関節の変形が起こると周囲の筋、腱、靭帯などの緊張や炎症を生じ、これらの組織の痛みもあらわれてきます。

⑥歩行時の膝の側方動揺

⑦圧痛:大腿骨内側顆上部、関節裂隙の圧痛(FT関節の病変)、および膝蓋骨の関節面および側縁の圧痛(膝蓋大腿関節、PF関節の病変)などが見られます。
また、内側・外側側副靭帯部、腸脛靭帯部、膝蓋靭帯部、内・外膝眼、大体二頭筋腱部、鵞足部、腓腹筋の内・外側頭部などにも圧痛が見られることが多いです。

⑧膝の屈伸時の軋轢音、クリック:患者さんの膝に手をおいて膝を屈伸してもらうと、粗雑な関節面のこすれ合う雑音を手に感じます。

⑨膝蓋骨を動かしたときのざらつきと圧痛

⑩大腿四頭筋の委縮

滑液包炎

滑液包とは、関節周囲の靭帯や筋腱と骨が直接的な摩擦を避けるためのクッションとして存在する組織です。

膝関節周囲の滑液包が、外傷、感染あるいは慢性関節リウマチ、痛風などの炎症の波及や、変形性膝関節症の関節水腫の波及などによって炎症をおこしたものです。

滑液包のある部位の疼痛、腫脹、圧痛などがみられます。
滑液包内には液が貯留し、滑膜が増殖し肥厚して柔らかい弾力性のある腫瘤を生じます。

外傷性の膝関節痛

スポーツや仕事などで膝を酷使したり、他者との衝突、あるいは階段から落ちたりして膝関節を痛めることがあります。
成長期にある中・高校生から青年に多いですが、近年は中高年の健康への意識の高まりからスポーツ人口が増えたことから、外傷性の膝関節痛も増加しています。

スポーツで膝を痛めるのには2種類あります。
①スポーツ外傷(外力で発生するけが)、ex.半月板損傷、十字靭帯損傷など。
②スポーツ障害(使い過ぎ、過労により徐々に痛める)、ex.ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)など。

膝痛の鍼灸施術

膝痛の患者さんに共通する施術ポイントは大腿四頭筋です。
大腿四頭筋(太もも正面)の筋肉の状態を改善させ、筋力を回復させます。これにより膝関節を支える力を取り戻します。
大腿四頭筋.png
特に膝痛に影響が大きいのが中間広筋です。
中間広筋は大腿四頭筋の中の一つです。
大腿骨を外側から巻きつくように後ろ側まであり、膝蓋骨に付着する筋肉です。
変形性膝関節症の患者さんの多くはは膝の内側と膝蓋骨(膝のお皿)周囲、膝の後(膝窩部)に痛みを訴えています。
そして大腿四頭筋(太もも正面)が膝蓋骨に付着するあたりが非常に固くなっています。

膝から離れたところにも膝に偏った負荷をかける原因になる場所があります。
脛骨粗面上には鵞足から連続して筋膜が付着しています。
この筋膜が伸縮したり滑走したりできると良いのですが、ガチガチに硬くなり脛骨粗面に張り付いてビクとも動かないようになると、膝の動きを制限します。

膝のお皿(膝蓋骨)と大腿骨で構成される膝蓋大腿関節は膝蓋骨が凸、大腿骨が凹の形でレールの上を動くような構造です。この関節面に脂肪が堆積して不安定な動きをすることで痛みを生じることがあります。

腓腹筋といって大腿骨からヒラメ筋と共にアキレス腱を介してかかと(踵骨)まである筋肉も膝に大きな影響を与えます。
膝は充分に曲げ伸ばしができることが重要です。
脱力状態で膝関節が曲がっているのは腓腹筋に緊張がある可能性があります。

足首もまた大事な施術ポイントです。
伸筋支帯やアキレス腱あたりの動きが悪いと足首がしっかり動かせません。
その分ほかの関節でどうにかしようと無理な動作をするため、膝関節に変な捻じれが加わったり、余分な力を入れなくてはならない状態になります。

この痛みのある場所や、動きを制限する場所、
さらにはそこを通る経絡の反応点や経穴も施術することにより、気血の運行を改善します。

あと多くの患者さんは腰痛、坐骨神経痛や腰のだるさも持っています。そういう感覚がない人でも大抵の場合、腰を調べてみると状態が悪いです。

膝を含め、大腿部の筋肉を支配する神経は腰部から出ています。腰を施術することにより膝の状態を改善させることにつながります。

膝痛の予防・運動

先にも述べましたが、変形性膝関節症の方の多くは太っていたり、運動不足だったりします。
余分な体重を運動することによって落としましょう。

それと、これは膝痛に限った話ではありませんが、姿勢の悪さも膝の痛みに関係します。
立つ姿勢、歩く時の重心移動のことですね。


運動で一番いいのはウォーキングですが、すでに痛めている人は水中を歩いたり、イスなどに座っての筋力アップの運動です。

別に激しい運動をする必要はありません。

がんばりすぎると疲労をため、かえって筋肉を痛めます。
休憩しながらゆっくり少しずつ運動しましょう。
痛みが強い人で外出するときはカッコわるいとか言わずに杖や手押し車などを利用しましょう。

それから膝のサポーターもいいと思います。
ただし、外出時以外はサポーターは外しましょう。サポーターに頼りすぎると筋力が衰えます。

食事にも気をつけましょう。
変形性膝関節症になる人の多くは糖質などの炭水化物を摂りすぎて、タンパク質が不足しています。
甘いものや粉モノを少なめにして、青魚や脂身の少ないお肉、卵、大豆製品を積極的に摂り、自分の筋肉にしましょう。
高齢者ほどタンパク質の吸収力が落ちていますので、意識的にお肉を食べてください。
お肉といっても、別に牛肉に限定しません。
トリや豚、羊などもとても良いです。
何歳になっても食べて運動すれば筋肉はつきます。

あと、膝痛がある人はあまり膝を動かさないで歩いています。

動かすと痛いからです。そういう歩き方を続けると、膝から下の筋肉をあまり動かさなくなります。
そのため、特に冬の明け方にふくらはぎがこむらがえりを起こして非常に痛い思いをして目覚めます。

また、動かしていないので足首が固い人も多いです。
足首が固いとちょっとしたでっぱりにも足をひっかけてつまずきやすく、バランスを崩したときに踏みとどまれずにこけてしまいます。
足の指タオル.gif
これらを防止するために足首をよく回したり屈伸したり、さらに足の指も動かしてください。
右図のように地面にタオルを敷いて足の指でつかんでたぐりよせる動作はおすすめです。
これ以外に足の指でグーパーと閉じたり開いたりする運動や、
足の親指と他の4本をたがいちがいに前後に動かす運動も良いです。
ふくらはぎやすねの筋肉を動かし、血流が改善しますし、固まった関節が柔らかくなります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ