web_w740.png

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0797-91-6266

since 2009 Bright ideas,nice design.
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > めまい、メニエール病

めまい、メニエール病

めまいの症状は、グルグル目が回る運動性感覚を伴う『回転性めまい』、
フワフワふらつくまたは揺れる不動性感覚(めまい感)の『非回転性めまい(浮動性めまい)』、クラッとする『立ちくらみのようなめまい』の3つに大きく分けられます。

原因は脳や耳だけでなくストレスや全身調節機能の乱れなどさまざまです。
めまいといえばよく聞く病名でメニエール病があります。
この病気についても解説します。
めまいはWHO(世界保健機構)が認める鍼灸の適応疾患に入っております。
このページではそんなめまいの特徴や分類と鍼灸施術について解説いたします。

現代医学的分類

めまいの種類.gif
回転性めまい(vertigo)
[症状]自分自身がグルグル回っている感じ・周囲がグルグル回っているように見える
[随伴症状]難聴・耳がつまった感じ・耳鳴 etc.
[特徴] 急に発症し、吐気・嘔吐、難聴などの症状を伴うことがあります。多くは耳の異常が原因で起こり、放っておくと難聴になることもあります。
また、脳出血や脳梗塞といった脳の疾患でも回転性めまいが起こることがあります。

非回転性めまい(浮動性めまい)(dizziness)
[症状]カラダがフワフワした感じでふらつく・まっすぐ歩けない・姿勢を保つのが難しい
[随伴症状]頭痛・顔面や手足のしびれ・運動麻痺 etc.
[特徴] 急にあるいは徐々に症状があらわれ、フワフワ揺れる感じ、頭痛、しびれ、運動麻痺などの神経に関係する症状を伴うことがあります。
多くは脳の異常が原因で起こります。

立ちくらみのようなめまい

[症状]立ち上がるとクラッとする・眼前が暗くなる・失神を伴う
[特徴]血圧の変動に関係する全身性の病気が原因として考えられます。

めまいの原因と病気

カラダには、平衡を保つ機能があります。この機能に障害が起こると平衡感覚が崩れてめまいが生じます。
平衡感覚を司る場所のひとつが耳(内耳)です。

それから脳や神経に異常がある場合、血圧の変動に関係する全身の病気、それ以外にも不安やストレスなど原因はさまざまです。

(1)耳

内耳の解説図.jpg
耳は音を聞くほかにカラダの平衡を保つ働きがあります。
このため耳に異常が生じると、主に回転性めまいが起こります。
また異常が生じている場所によって、耳鳴りや吐き気・嘔吐などの症状があらわれます。

耳石・・内耳の前庭にある耳石がはがれ、カラダの平衡を保つ器官である三半規管に入り込んでしまうとめまいが起こります。
これは「良性発作性頭位めまい(BPPV)症」という病気で、寝返りを打った時や、ベッドから起きた時、あるいは上や下を向いた時など、頭の向きを変えた時に起きます。

内リンパ水腫・・内耳を満たしている内リンパという液体が増え過ぎると内耳がむくみ、めまいが起こります。
これを内リンパ水腫と呼び、めまいのほか、難聴、耳鳴、耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。
内リンパ水腫が原因の病気に「メニエール病」があります。

メニエール病
140330-menier-001.gif
内耳からくる回転性のめまいや吐気が起こります。
これが発作として繰り返す疾患です。
なぜ内リンパ水腫を起こすのか根本的な原因はアレルギーや血流不全、ウィルス、免疫の低下、ストレスなど様々な説がありますが分かっていません。
ストレスの観点からすると、内耳が元々弱いところにストレスが加わり、メニエール病が発症するのではないかと考えられています。
また発展途上国に少ない疾患のためストレスが大きく関わっているのではないかと言われています。
気候の変化や季節の変わり目、低気圧や前線の接近などで発作が起こりやすいことが分かっています。

メニエール症候群
メニエール病とメニエール症候群は別なものとして捉えられています。
メニエール病は内耳のリンパ水腫が原因で起こることに対し、メニエール症候群は原因不明でメニエール病のようなめまいなどの症状を繰り返す状態のことを言います。
自律神経の乱れ、頚椎に歪みが生じたとき、肩こりなどでもめまいは起こりますので、こうした体質的なものもメニエール症候群と呼ばれます。
病院では原因不明で疾患名がつかない繰り返し回転性のめまいを起こす症状に対して「メニエール病みたいなもの」などと言われることもあります。

神経の炎症・・カラダの平衡を保つ情報を脳へ伝える前庭神経の炎症からめまいが起こります。
これは「前庭神経炎」という病気で、風邪をひいた後に発症することが多いため、ウイルス感染や血液の循環障害が原因で炎症が起こるのではないかと考えられています。

症状は急激なめまい発作で発症します。
めまいは突然始まりじっとしていても自分や周囲の景色がぐるぐる回る回転性の激しいめまいです。
このめまいは24時間続きますが、発症後1日ごとに少しずつ治まっていきます。
そしてめまいは回転性から横揺れや浮遊感、ふらつき、不安定感へと変化し、とくに歩いた時や体を急に動かした時にはっきりするようになります。

髄液・・髄液(脳を保護している液体)が内リンパ腔に漏れるとめまいが起こります。
めまいのほか、難聴、耳鳴、耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。
これは、「外リンパ瘻(ろう)」という病気です。

中耳の炎症・・中耳の炎症が内耳に及ぶと、前庭などの内耳の働きが異常となりめまいが起こります。
中耳が炎症を起こす病気に「中耳炎」があります。

(2)脳

脳内の特定の場所や運動機能を司る小脳や脳幹で、血管が詰まったり、出血したり、腫瘍ができたりするとめまいが起こることがあります。

梗塞・出血・・「脳梗塞」や「脳出血」が起こると、小脳や脳幹に十分な血液が運ばれず機能が低下してめまいが起こります。

血流不全・・ 首から脳へとつながる椎骨動脈と脳底動脈の血液が不足すると、脳に十分な血液が運ばれず、めまいが起こります。

これは「椎骨脳底動脈循環不全」という病気です。

脳梗塞を伴わない椎骨動脈系の一過性の血流減少が原因です。
めまい発作に次いで、気が遠くなる、視界がボヤーっとする、脱力発作、悪心・嘔吐などもみられる一過性(2~15分位)の症候群です。
50歳以上で高血圧高脂血症などに合併することが多く、難聴・耳鳴の随伴は極めて少ないです。

腫瘍・・カラダの平衡を保つ情報を脳へ伝える前庭神経に腫瘍ができるとめまいが起こります。

これは「聴神経腫瘍」という病気で良性の脳腫瘍です。

聴神経の周りを鞘のように被っている細胞から発生する腫瘍で非常にゆっくりとしたスピードで大きくなります。
片側の耳の聞こえが徐々に悪くなってきたり、めまいの発作を繰り返すなどの症状や、顔面のしびれ、顔面の筋肉の麻痺、嚥下障害などがあります。
またその他の「脳腫瘍」でもめまいが起こります。

(3)その他

血圧が急激に変動すると脳に送られる血液量が不安定になり、めまいが起こることがあります。
また、不安やストレスなどからめまいが起こることがあります。
代表的な疾患に高血圧、起立性低血圧、不整脈、低血糖、貧血などがあります。

注意を要するめまい

・運動感を伴わない(非回転性)めまい感で持続時間が長いもの。
または手足のしびれ、複視、嚥下障害などの中枢神経系の障害を伴うもの。
・回転性めまいで起立・歩行などに明らかな平衡障害があるもの。

眩暈の東洋医学的分類

目がかすんで目の前が暗くなるのを「眩(げん)」といいます。
グルグル物が回って見えたり、物が揺れて動いて見える漢字を「暈(うん)」といいます。
この2つはよく同時に現れるので眩暈といいます。

目がかすんで頭がくらくらするものを「目眩」といいます。
ひどく頭がくらくらし目の前が暗くなるのを「眩冒」といいます。

眩暈の原因

黄帝内経・素問・至真要大論篇に「諸風掉眩、皆肝に属す」とあります。
それ以外にも
「上が虚すとめまいが起こる」
「髄海が不足するとめまいや耳鳴が起こる」
「虚がなければめまいは起こらない」
「痰のない者にめまいはない」
などを挙げています。

眩暈の分類

東洋医学的には内傷性頭痛と近い分類になります。

①肝陽亢進型
腎水不足や精神的ストレス等によって肝気が鬱結し、肝鬱が改善されないと肝火となります。
火は炎上して上にあがる性質ですので頭部の症状が現れます。
肝の陽気が亢進した状態です。
これが眩暈、耳鳴、頭部の脹痛、肝腎陰虚の諸症状を引き起こします。

東洋医学では
「滋水涵木(腎水が肝木を潤す)」、
「肝腎同源」
といって肝血と腎精が相互に滋養しあっているため、影響を受けやすいとされています。

②痰濁型
痰は肺脾腎の3臓の機能が低下したため水液代謝に障害が起こってできた病理産物です。
痰濁が脾胃に影響を及ぼし運化機能が低下した状態です。

脾は昇を司り胃は降を司ります。
昇降がうまくいかなくなると清陽蒙閉となり回転性の眩暈、頭が重くぼんやりする、痰濁の諸症状を引き起こします。

③気血両虚型
病気が長期化(慢性化)して気虚となり、その為に生血機能が低下したり、失血のため同時に気も脱失して起こります。

失血は脾胃虚弱による気血の生化不足や情志抑うつによる陰血の消耗から起こります。
気血の生化不足になると脳がうまく栄養できなくなり眩暈になります。
疲れが誘発し、動くと増強、休むと軽減します。

④腎精不足型
腎は髄海といわれ、髄が脳を養っています。
老化、先天の気不足、房事過多、久病傷腎などにより腎精が不足して腎虚になると脳髄の栄養状態が悪くなります。
眩暈、耳鳴、頭が空虚な感じで痛みが起こります。

めまいの鍼灸施術

LinkIcon頭痛のページを見ていただくとわかりますが、東洋医学ではほぼ同じ分類です。
LinkIcon耳鳴・難聴についても似通った分類です。
これが現代医学と異なる特徴です。

上記の分類から関係の深い経絡やツボ(経穴)を体の反応を確認しながら施術します。
また、この施術により眩暈以外の随伴症状(もしくは眩暈が全身症状の中の1つの場合もあります)に対しても同時に対応できます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ