web_w740.png

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0797-91-6266

since 2009 Bright ideas,nice design.
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > うつ、精神疾患

うつ病・抑うつ~精神疾患

今の世の中いろいろなストレスを受けながら生活されていると思います。
そんな中でうつ病、抑うつ状態など精神疾患や心身症などで、精神科や心療内科にかかる患者さんが非常に増えています。
ここではうつ病を中心とした精神科疾患についてとりあげたいと思います。

うつ病

うつ病は何らかの原因で気分が落ち込み、生きるエネルギーが乏しくなってきます。
その結果、身体のあちこちに不調があらわれ、うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患で気分障害に分類されます。

日本人の5人に1人が、一生のうちで一度はうつ病を経験するといわれている時代ですが、そのうち治療を受けている人はわずかであるといわれています。

うつ病は精神面、身体面にさまざまな症状があらわれます。
一般的にはそれらを原因別に
「身体因性うつ病」
「内因性うつ病」
「心因性うつ病」
と分類されてきました。

最近では症状の程度と持続期間による分類が行なわれるようになってきました。
・うつ病
・軽症のうつ状態である気分変調症

軽いうつに悩む人たちは普通に見えるために「単なる甘えだ」と誤解されたり、本人が病気と気がつかず、適切な処置をしない場合も少なくないようです。

症状

精神症状 :
抑うつ気分。
興味・喜びの消失。
思考力や集中力が落ち、仕事を能率よくできない 。
人に会いたくない、人と一緒にいたくない。寝てもさめても同じこと(心配ごとや悲観的なこと)を考えている。
強い罪責感。
自殺への思い etc.

身体症状:
不眠、頭重感、頭痛、めまい、食欲減退または増加、胃部不快感、便秘、口が渇く、肩こり、背中や腰などからだの痛み、息苦しい、動悸がする、手足のしびれ感、嫌な汗や寝汗が出る、排尿困難、性欲低下、女性では月経不順etc.

気分の落ち込みとうつ病の見分け方

1)「気分の落ち込み」やそれによる不調が2週間以上続く

2)仕事や日常生活に支障がある

3)身体にいろいろな症状がでる(しかし、検査を受けても原因はわからない)

これらに該当するとうつ病の可能性があります。

うつ病になりやすい性格

うつ病は、責任感が強くて仕事熱心、几帳面で凝り性、周囲からはまじめな人、確実な人と見られます。
また、秩序を大切にし、義理堅く、人に頼まれると断われない性格です。
ものごとをいい加減にできないので、仕事を背負い込み、不調を感じても頑張ってしまいます。

成因

生物学的仮説と心理的仮説があります。
心理的仮説は生理的な理由付けが無いため、科学的根拠に欠けるとの批判が存在します。
しかし一方で、生物学的仮説は現在は脳と精神の関係がほとんど解明されていないこともあり、治療という面でも初期の段階で、症状を抑える程度の薬しか存在しません。

いずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には明確な結論は得られていません。
成因論は学問的関心事ではありますが、現時点では臨床場面での有用性は限定的です。

東洋医学とうつ病

東洋医学では古くから心と体の関係に注目しています。
「心身一如」という言葉があります。
これは心と体は一体で分けることができない、という意味です。
身体が不調な時は精神的に弱くなります。
また、精神面が不調な時は体も変調をきたしやすいです。

東洋医学の病因分類

東洋医学では病因を3つに分類しました。
1)外因・・六淫(6種類の外感病邪)
2)内因・・七情(7種類の感情)
3)・・飲食・労逸(過度な疲労・必要以上の休息)・外傷です。

この2つめの七情の乱れこそが現代医学でいうところの精神疾患や心療内科に該当します。

内傷七情

七情とは、怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7種類の感情の変動です。
外界の事物に対する通常の情緒反応を指します。
しかし、突然強い精神的刺激を受けたり、長期にわたって一定の精神的刺激を受け続け、生理的に調節しうる許容範囲を超えてしまうと臓腑気血の機能失調が引き起こされます。

このとき七情は発病因子となって疾病を発生させます。
七情は内傷疾患の主な病因なので内傷七情と呼ばれています。

人の精神活動と臓腑気血の機能には深いつながりがあります。
五臓の精気は各精神活動の基礎となる物質ですが、過度の精神刺激は悪影響となり、五臓の失調をもたらします。
それぞれの感情と五臓の関係は下記のとおりです。

①怒(気上がる)・肝
怒りすぎると肝の疎泄機能に異常が生じ、肝気が横逆して上衝します。
また血は気に随って逆行して昏厥します。

②喜(気緩む)・心
喜びすぎると心気が緩み、神が心にいれなくなり精神を集中できなくなります。
ひどくなると失神や狂乱などの意識の異常がおこります。

③思(気結す)・脾
思慮しすぎると気機を鬱結させ、心を傷め脾を損ないます。
心神が消耗すると心悸・不眠・多夢・健忘が現れます。
脾気を損傷すると運化が弱まり脘腹脹満・食欲不振になります。

④悲(気消える)・肺
悲しみすぎると肺気が弱まり意気消沈するようになります。

⑤憂(気塞がる)・肺
憂いすぎると肺気が弱まり心が滅入るようになります。

⑥恐(気下がる)・腎
恐れすぎると腎気不固となり、気が下にもれて二便の失禁がおきます。

⑦驚(気乱れる)・腎
突然驚くと心神のよりどころがなくなり、驚き慌ててどうしてよいか分からない混乱状態になります。

東洋医学におけるうつ病施術

うつ病とは現代医学的分類における疾患名ですので、東洋医学とは疾患の分類の方法が異なります。
東洋医学でうつ病などの精神疾患に相応する証はいくつかありますが、最も代表的な証は心腎不交証です。

心腎不交証

慢性疾患、房事過多、過労や精神ストレスなどにより起こります。特にストレスは気を鬱して化火を形成します。
これが原因で心陽(火)が偏亢して、腎の陰液を消耗し腎陰虚を引き起こします。
また腎陰虚により心火の抑制が困難となり、心火が亢進して心神内乱の原因となります。
水火不済(腎と心の交流が悪くなる)。

心は神を蔵します。
このときの神とは精神活動全般を指し、その中心となって制御しています。

腎は「霊枢・経脈篇」にあるように、肝膈を貫き上行します。
ここで肝の「疏泄を主る」という性質が関与してきます。

「疏泄を主る」とは、肝には気や血の流れを円滑に、かつのびやかにする働きがあることを意味します。
心と腎の交流をよくするのも悪くするのも肝の働きが影響します。

また腎は脳を主っています。
「素問・脈要精微論篇」にあるように「頭は精明の府」とあるように、脳にも精神作用があります。
肝と腎の関係から以下の証も考慮に入れます。

肝腎陰虚証

肝と腎は、肝血が腎を養うことによって精を生成し、腎精が肝を滋養して血を生成する、という関係にあります。
ストレス、疲労の長期化、慢性病などによって両者のバランスが失調すると、内熱が生じ擾乱により肝気の疏泄や腎の精蔵機能を減退させます。

肝腎陰虚証が因子で陽気(肝陽)が上昇したのを肝陽上亢といい、上半身に熱証の症状を呈して肝鬱化火による肝陰の灼傷などで陰が陽を制御できません。
また、肝の条達(四方に、すみずみに通達すること)が失調して精神状態を阻害して心神や筋脈を滋養できません。

施術方針
交通心腎、滋陰降火(心と腎の巡りをよくして陰虚を改善し、火を除く)
これに加え、肝腎陰虚証の滋養肝腎(肝腎の精血を滋養して内熱を冷ます)を施します。
そして心経だけでなく、心を外から守る心包経も施術対象となります。
肝が陰虚証でなく実熱証の場合もあります。

肝気鬱結

主に七情の乱れによるものが多いです。
ストレスが慢性化すると精神刺激となって肝の疏泄作用を乱して発症します。
情緒の乱れによって肝の柔順性を失い、気滞によって脹痛が起こります。

施術方針 疎肝理気解鬱(鬱滞した肝気の流れを改善する)

肝火上炎

肝気鬱結が長期化し、さらに精神刺激や情緒的な変化が加わって強い熱証が起こったものです。

施術方針 瀉肝清火(肝火を取り除き、燃え上がる炎をを鎮めること)

ストレスポイント

ドゥワセラピーストレスツボ写真.jpg体の痛みに対して施術をしても痛みが止まらない場合、本当の原因はほかにあります。
ためしに右にある写真の赤い点を押してみてください。
飛び上るほど痛かったら、それは原因がストレスです。
この激痛を感じる点をストレスポイントと言います。
これによりストレスのチェックができるだけでなく、
このポイントに刺激を加えることが解決策なのです。
この方法はLinkIconドゥワセラピーによるものです。

精神疾患の分類

精神疾患とは、何らかの脳の機能障害、または脳の神経伝達物質のアンバランスが原因で引き起こされる脳や心の疾患をいいます。
統合失調症や躁うつ病といった重度のものから、パニック障害、適応障害といった中、軽度のものまでの様々な疾患を含みます。

また、精神の変調が髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあります。

原因による分類

①心因:
過度のストレスなどの精神的原因。反応性うつ病などを起こします。

②外因:
脳や他の身体部位に、器質的に加えられた原因。
感染(たとえば、単純ヘルペスや麻疹ウイルスなどによる脳炎など)・脳卒中・代謝異常(尿毒症・肝性脳症や先天性代謝疾患など)・薬物乱用などが外因に相当します。

③内因:
脳の器質的要因と思われますが、明確には不明の原因。
統合失調症や躁うつ病は内因性精神疾患といわれてきました。

症状・特徴

1)意識障害
意識には清明度、広がり、質的なもの、の三要素があるとされています。
清明度が障害されている場合を意識混濁といいます。
その程度により傾眠、昏睡といいます。
広がりが障害されている場合を意識狭窄といいます。
催眠状態、解離状態などで起こりえます。
意識の質が変化している場合、意識変容といいます。
朦朧状態等とも言います。せん妄、酩酊などで起こりえます。

2)感情・気分の障害
感情の異常は、様々な精神疾患でみられます。おもなものはうつ状態においてみられる抑うつ気分や、躁状態における爽快気分です。
他に感情鈍麻、興奮、不安、怒り、恍惚、両価性などがあげられます。

3)記憶障害
記銘、保持、追想、再認を記憶の四要素といいます。
記憶は知的機能や思考などのベースになる機能であるため、相互に重複する部分があります。
痴呆性疾患、コルサコフ症候群などの変性疾患やうつ病、統合失調症などでも一時的、あるいは長期間の記憶障害が起こることがあります。
解離性障害でも健忘がみられることがあります。

4)思考障害
3種類に分類されます。
①思考過程の異常・・考える道筋や脈絡そのものが障害されている。
思考途絶・・考えている途中に、突然内容を忘れたり考えが止まってしまう。
思考制止・・考える力がなく、思考が進まない。
思考散乱、滅裂思考・・思考がまとまらない。
観念奔逸・・考えが次々湧き出して脱線してしまう。
思考保続・・一旦考えたことが、その後の思考にも繰り返し現れる。
思考迂遠・・結論を導き出すまでに脱線し時間がかかる。

②思考内容の異常・・妄想があります。
妄想の内容によって被害妄想、誇大妄想、貧困妄想などに分類されます。

③思考の表現の異常・・強迫(~をしなくてはならない)思考、支配観念があります。

5)知覚障害
知覚系神経が過剰な活動を示したり、知覚情報の発生源を誤認したりすると錯覚や幻覚などの症状を生じます。

錯覚はある物を間違って捉える事で、幻覚は無い物をあると捉えることを指します。
錯覚は健常者でも日常的に起こる一時的現象ですが、幻覚は精神疾患の診断基準のひとつとなります。

幻覚には幻視、幻聴、幻嗅、幻味、体感幻覚などがあります。
四肢を切断した患者において、喪失したはずの四肢を感じたりする幻肢があります。

また、眼球や眼神経は正常であるにも関わらず心因性に物が見えなくなる心因性盲、痛みの原因となる身体的疾患がないのに痛みを感じる疼痛性障害などの症状もあります。

6)知的機能の障害
知能が障害される疾患の代表は精神遅滞、痴呆です。
その他の精神疾患においても様々な程度に知的機能が低下することがあります。

例えばうつ病でも、うつ状態の時は計算や記憶意などの機能が一時的に低下します。
ごく限局的な脳梗塞によく見られる病態に、失認・失行・感覚性失語・運動性失語があります。

7)行動に現れる症状
精神と行動は密接に関連しています。
例えば、典型的なうつ病では、摂食、排泄、睡眠、性行為などの基本的機能が障害されます。

また別の疾患では暴力、多量飲酒などの衝動性として現れることもあります。
摂食行動の障害として、うつ状態における食欲低下がまず挙げられますが、摂食障害では拒食や過食などの食行動の異常がみられます。

睡眠の障害としては不眠(入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒など)、過眠、睡眠リズムの障害などがあります。

性の障害として、性欲低下、性交疼痛症、陰萎などのほか、性対象の異常(自己性愛、小児性愛、フェチなど)、性目標の異常(露出症、窃視症、サディズム、マゾヒズム)などがあります。

WHOによる分類

1)症状性を含む器質性精神障害
痴呆性疾患 、コルサコフ症候群、頭部外傷後遺症など、脳の大きな病変による精神疾患。

2)精神作用物質使用による精神および行動の障害
アルコールや薬物、タバコなどの精神作用物質に関連した精神疾患。依存症、乱用、中毒などに分けられます。アルコール依存症、薬物依存症など。

3)統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
統合失調症とは、幻覚や妄想などの症状を呈し従前の生活能力が失われてしまう疾患です。
統合失調症 、統合失調症型障害、持続性妄想性障害 、急性一過性精神病性障害、感応性妄想性障害、統合失調感情障害

気分障害
気分障害(感情障害)は主として気分が障害されるもので躁病、双極性障害(躁うつ病)、うつ病など。

4)神経症性障害,ストレス関連障害および身体表現性障害、不安障害
恐怖症(単一恐怖、広場恐怖、社会恐怖)
パニック障害
全般性不安障害
強迫性障害
重症ストレス障害
急性ストレス障害
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
適応障害(明確なストレス要因に対する不適応としての、抑うつ、不安など様々な症状のことをさす )
解離性障害(解離性同一性障害(いわゆる多重人格))
身体表現性障害
転換性障害(心気症)
疼痛性障害
身体醜形障害(身体の複数の部位について、他人が見るよりも遥かに醜いと本人が思い悩んでおり、頻回に美容整形術を受ける等の社会不適応行動を伴う障害。抑うつ状態等を合併することも多いが、患者は精神科ではなく美容整形外科などを訪れる事が多い。)

5)生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群
摂食障害
神経性無食欲症(拒食症)
神経性大食症(過食症)
睡眠障害
不眠症(精神生理性不眠症、概日リズム睡眠障害、入眠困難、中間覚醒、早朝覚醒)
過眠症(睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー、原発性過眠症、反復性過眠症、特発性過眠症)
睡眠時随伴症(レム睡眠行動障害、睡眠時遊行症、夜驚症 )

6)成人の人格および行動の障害
人格障害:
A群人格障害(妄想性人格障害、統合失調質人格障害、分裂病型人格障害)
B群人格障害(境界性人格障害、自己愛性人格障害、演技性人格障害、反社会性人格障害)
C群人格障害(強迫性人格障害、回避性人格障害、依存性人格障害)、
性同一性障害
性嗜好障害(フェティシズム、露出症、窃視症、小児性愛、サディズム・マゾヒズム)
性の発達と方向づけに関連した心理および行動の障害
虚偽性障害(ミュンヒハウゼン症候群)

7)精神遅滞

8)心理的発達の障害
広汎性発達障害 (自閉症、アスペルガー症候群)
小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害
多動性障害、チック障害(トゥレット障害)

*最近アスペルガー症候群に対して見直しが考えられているようです。

9)その他
幻覚、妄想、文化依存症候群(神経質、対人恐怖症)

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ