web_w740.png

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0797-91-6266

since 2009 Bright ideas,nice design.
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 更年期障害、ホットフラッシュ

更年期障害

現代医学における更年期障害

更年期とは

女性ホルモンを分泌する卵巣機能が衰えてホルモンバランスの乱れが起こり、その後体が安定するまでの時期を指します。
具体的には、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間を指します。

現在の日本女性の平均的閉経年齢は50歳位と言われていますので40代後半から50代前半までの期間が平均的な更年期にあたります。
しかし個人差も大きく、早い人は30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。

更年期障害とは

更年期障害の仕組み.png
卵巣機能が良好な女性の卵巣には数十万個の卵胞があります。

しかし、40歳前後を境にその数は急激に減少し、50歳になると数千にまで減少するといわれています。

その減少とともに、卵巣の機能も衰えてきます。
それまで卵巣から分泌されていたエストロゲン(卵胞ホルモン)の量が徐々に減少してくるのです。

さらに卵巣から十分にホルモンが分泌されないにもかかわらず、脳下垂体前葉からは性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン・FSH)が分泌され、女性ホルモンのバランスが乱れます。

その乱れは自律神経を司る脳の一部と密接な関係があるため、自律神経を乱します。
それにより体の各機能や情動にまで影響を与えて不具合を起こします。
これが更年期障害の起こるメカニズムです。

更年期の兆候

更年期の兆候は月経の乱れに現れます。規則正しかった月経が短い周期でやってくるようになります。

原因は減少したエストロゲンをもっと分泌しようと、脳下垂体から性腺刺激ホルモン(FSH)がどんどん分泌されることによります。
人によっては、月に2回も月経がくることがあります。
しかし、月経血そのものの量は少なくなります。

その後月経の周期が乱れて、間隔が不規則になり、月経が続く期間も不規則になります。
そして、やがて月経の周期が長くなっていって閉経を迎えます。

一般的には1年以上月経がなければ閉経と考えられます。
月経が乱れはじめたころから現れるのが更年期障害です。

更年期障害の症状

更年期障害.jpg
更年期障害の症状は全身に現れます。しかしその出方は個人差が大きく、ほとんど気にならない人もいれば日常生活に支障をきたす人もいます。
普段からホルモンバランスの悪い人、月経不順の人、自律神経失調ぎみの人ほど更年期の症状が出やすい傾向にあるようです。

不規則な生活や過労、睡眠不足、食事のバランスが悪いなどもホルモンバランスや自律神経の乱れに影響し、更年期の症状を悪くします。

まじめで几帳面、完璧主義で責任感が強い、人からどう思われているか気になる、 すぐに人を頼りにしてしまう・・・
こういった方はストレスをためやすく更年期障害の症状も重くなりがちです。

また、更年期はちょうど親の介護の問題、子供の独立等、日常生活での変化や悩みの多い時期でもあります。
ストレスから起こる自律神経の乱れはホルモンバランスを司る脳に密接に関係しているため更年期の症状に大きく影響します。

更年期障害は器質的異常ではなく自覚症状が中心です。
検査をしても特に病的な変化は発見されない場合が多いです。
一定の症状ではなく、次々と違った不調として現れることも特徴です。

自律神経系:のぼせ(ホットフラッシュ)・ほてり・冷え・動悸・息切れ・手足の冷え

精神神経系:頭痛・めまい・耳鳴り・物忘れ・憂うつ感・判断力や集中力低下・不眠・不安感・倦怠感


知覚系:しびれ・蟻走感(皮膚に虫が這うような感じ)・かゆみ・知覚過敏・知覚鈍麻・のどのつかえ(梅核気・ヒステリー球)

皮膚・分泌系:皮膚や粘膜の乾燥・湿疹・発汗・ドライマウス・唾液分泌の異常・ドライアイ

消化器系:食欲不振・吐き気・便秘・下痢・腹部膨満感

泌尿器・生殖器系:月経異常・頻尿・残尿感・性器下垂感・性交障害・外陰掻痒症

運動器系:肩こり・腰痛・関節痛・背筋痛・筋肉痛

現代医学における処置

減少しているエストロゲンを補充するホルモン補充療法と、規則正しい生活習慣や適度な運動、適切な食生活などの指導を行います。

東洋医学における更年期障害

腎気と天癸

およそ2千年前成立した最古の東洋医学の古典である「素問」という書物があります。

その中の「上古天真論」に、養命酒のCMでも言ってるのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
男性は8の倍数
女性は7の倍数
の年齢で体が変化するとあります。

女性の場合、
14歳で月経が定期的にきて生殖能力ができ、
21歳で腎気が全身を均等に巡るようになり親知らずが生えて完全に歯が生えそろい、
28歳で女性として最も充実した状態になり、
35歳から老化が進行し始め、
42歳で皺が増え白髪が見え始めて、
49歳で月経が終わり生殖能力がなくなる、
とあります。

現代医学的にはホルモンのバランスの崩れによって更年期障害は引き起こされると考えられています。
東洋医学では女性ホルモンに近いものとして、腎気(じんき)や天癸(てんき)といった概念があります。

「腎気」とは
・両親から受け継いだ「先天の精」
・食事などにより生じた「後天の精」
とからなり、両方の精はお互いに助け合い、人体の成長・発育を促進し、さらに生殖能力を形成するという大切な任務を担います。

「天癸」とは
生殖機能の成熟を促す物質で腎精が一定まで充満すると生じる物質です。
月経は、腎気が盛んになって「天癸(てんき)」が至り、「任脈(にんみゃく)」と「衝脈(しょうみゃく)」という気血の流れるラインが盛んになることで定期的に訪れると考えられています。

「任脈」の「任」は妊娠や生育の意味があり、陰脈の海ともいわれます。
身体の前面の中心にある経絡で、子宮から始まり、顎先で終わります。

「衝脈」の「衝」は要衝の意味があり、全身の要衝に位置します。
全身を流れている12経絡の気血を調整しているので、「十二経の海」ともいわれています。
子宮から始まり、腎の脈と交わり、咽で終わります。

腎気が衰えると元気がなくなり、活動が低下し、体が冷えます。
生殖能力も低下し、疾病にかかりやすく、かかったら長引きます。
そして天癸を生産できなくなる状態にまで進みます。
こうして天癸が枯渇すると、衝任脈が不通となって生理が来なくなります。

鍼灸施術

任脈.jpg督脈.jpg衝脈.png
腎気を整える施術をします。
胞中(子宮)を巡る任脈・衝脈・督脈(一源三岐)、小腹部で任脈と交わる足の三陰経(肝、脾、腎)などをあわせて施術します。

また、西洋医学の所にもありますが、ストレスやホルモンバランスの乱れから起こるLinkIcon自律神経失調症や、LinkIcon抑鬱状態になるため、それらについても施術します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ