web_w740.png

ご予約・お問い合わせ
電話番号 0797-91-6266

since 2009 Bright ideas,nice design.
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 眼精疲労・眼が痛い

眼精疲労

今の世の中は眼を酷使する環境にあります。
パソコン、スマホ、テレビ、人によってはゲームなど。
読書だってしますし、何かを凝視する時間が非常に長いです。
それに伴い眼精疲労を訴える人は非常に増えています。
また、多くの場合首や肩のこり・痛み、あるいは頭痛を伴う場合が多いです。

眼精疲労の症状

眼精疲労の主な自覚症状
①目の症状
疲れによる充血、かすみや視力の低下、眼球の脹痛、目が乾燥する、目が疲れやすい・・・
②眼以外の症状
眉間が痛い、こめかみが痛い・重い、片頭痛、胃痛や食欲不振・・・

③ひどい場合
眼の裏側まで強い痛み、吐き気がする・・・

④さらに進行、長期化
イライラや不安感、抑うつなど、自律神経失調や精神的症状

眼精疲労の原因

目の酷使

読書やスマホ、テレビ、ゲーム、パソコンなど長時間凝視することで起こる
眼精疲労で最も多いタイプ

眼科疾患

ドライアイ、緑内障、白内障、網膜症などの眼科疾患で起こる

調節性障害

遠視、近視、老眼、斜視、複視など、焦点を合わせる目の調節作用が低下して起こる

精神的ストレス

慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによるもの

慢性疾患

低血圧、更年期障害などほかの疾患の症状

眼精疲労の鍼灸施術

体には全身にツボがあり、目の周りにも多くのツボがあります。
また、眼精疲労のときには後頭部・首・肩も非常にこって不快な状態になっています。
なにかものをしっかり見るとき、体や頭がグラグラ動いているとしっかり見ることができません。
だから首や頭をピタっと止めて見ます。
このとき、筋肉は動かないように緊張しています。
頭の重量は約5~7kgもあります。
少し前傾した状態の頭をピタリと止めようとすると、重さ以上の力で固定しなくてはいけません。
筋肉は動くよりもと固定するほうが緊張して凝り固まりやすいのです。
このため、後頭部・首・肩のツボに対しても施術します。

また、東洋医学的には目は五臓でいうと『肝』と関係が強いとされています。
そして『肝腎同源』といって不足した腎精も補う必要があります。
肝と腎をしっかりさせるためのツボも施術します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ブログ






ページの先頭へ