鍼灸の適応疾患

WHO(世界保健機関)が認める適応疾患

神経系:神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等

運動器系:関節炎・関節リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)等

循環器系:心臓神経症・動脈硬化症・高血圧・低血圧・動悸・息切れ等

呼吸器系:気管支炎・喘息・風邪等

消化器系:胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾等

内分泌・代謝系:バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等

泌尿・生殖器系:膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎(インポテンツ)等

婦人科系:更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊等

耳鼻咽喉科系:中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎等

眼科系:眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・目ばちこ(ものもらい)等

小児科系:小児神経症(夜泣き、疳の虫、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等

NIH(アメリカ国立衛生研究所)が認める適応疾患

NIH(アメリカ国立衛生研究所)という世界最大の研究規模を持つ医学研究拠点でも以下の症状に対して鍼灸施術が明確な科学的根拠があることを確認しています。

手術後および化学療法による吐き気と嘔吐
悪阻(つわり)
手術後の歯痛

科学的データは少ないながらも、以下の疾患は有効である可能性があるとしています。
痛みに関連した状態
薬物中毒
脳卒中後のリハビリテーション
頭痛
月経痛
テニス肘
線維性筋痛(一般的筋肉痛)
腰痛
手根管症候群
喘息

更にこれらに限定されるものではないという声明書を発表しています。
鍼灸施術を受けたことがない方は怖いとか痛いとか思っていらっしゃるとは思いますが、ちょっと勇気を出して試してみてはいかがでしょうか。
鍼灸は3000年以上の歴史があります。
これだけ長く続くには続くだけの理由があるのです。

ページの先頭へ

ブログ

ページの先頭へ






ページの先頭へ